TOP 今週のKEIEISHA TERRACE 4月6日~4月12日の新着記事Pick Up!

2019/04/12

1/2ページ

第20回

4月6日~4月12日の新着記事Pick Up!

  • 今週のKEIEISHA TERRACE
  • エンタテインメント
  • KEIEISHA TERRACE編集部 藤田桂子

 

4月6日~4月12日の間に、KEIEISHA TERRACEで公開された記事をご紹介いたします。

 

人気企画、「イマ、ココ、注目社長!」。
今回ご登場いただく「注目社長」は、モノオク株式会社 CEOの阿部 祐一氏です。

 

同社は、荷物の置き場に困っている人と、空いたスペースを持て余している人、
両者をつなぐシェアリングエコノミーのサービスを展開しています。

 

「誰でもできるシェアリングエコノミーを通して、誰もが社会的なつながりを持てる世界をつくりたい」と語る阿部さんに、お話を聞きました。

 

>>シェアリングエコノミーを通して、誰もが社会的なつながりを持てる世界をつくる。

 

ぜひ、お手すきのタイミングでご一読くださいませ。


 

いわゆる事業部制のことを、ドラッカーは「連邦分権組織」と呼んでいます。ドラッカーが手放しで礼賛する、この連邦分権組織とは一体、どんな組織なのでしょうか?


 

ホッピーでおなじみの、ホッピービバレッジ株式会社・代表取締役社長である石渡 美奈氏。同社三代目社長である石渡氏が、第三創業期で掲げた主戦略は「新卒採用」でした。


 

<どうしても嫌いな人と同じ職場になってしまったときに効く禅語>
新年度開始に伴うメンバー編成などで、どうしても苦手な人と同じチームになってしまうこともあるかと思います。やはり人間ですので「嫌いなものは嫌い」という感情を手放すのは、なかなか難しいもの。
そんなとき、この「悟無好悪」の出番です。


 

今回のテーマは、ローソンのマーケティングについて。ミッフィーやリラックマのお皿がもらえるおなじみのキャンペーンの発案者である野林氏が、「コンビニ」と「日本経済」について分析します。


 

今回ご紹介するのは、『DREAM WORKPLACE―だれもが「最高の自分」になれる組織をつくる』。編集を手掛けられた下田氏に、「世界で一番働きたい職場はどんなところか?」を問いかける本書の見どころを伺いました。

1

2

プロフィール

  • 藤田桂子

    KEIEISHA TERRACE編集部

    1988年東京都生まれ。2014年、経営者JPに入社。プラットフォーム事業本部のリーダーとして「KEIEISHA TERRACE」の立ち上げに携わる。「志高き経営者・リーダーたちが、集い、学び、執行する場の提供」を実現するためにオンライン・オフライン共に様々なサービス提供を実現していく。