TOP 今週のKEIEISHA TERRACE 4月13日~4月19日の新着記事Pick Up!

2019/04/19

1/2ページ

第21回

4月13日~4月19日の新着記事Pick Up!

  • 今週のKEIEISHA TERRACE
  • エンタテインメント
  • KEIEISHA TERRACE編集部 藤田桂子

 

4月13日~4月19日の間に、KEIEISHA TERRACEで公開された記事をご紹介いたします。

 

 

イマ、ココ、注目企業!」の最新記事が更新されました。

 

「イマ」話題のサービス・商品を仕掛け、これから時代を変えるであろう企業に注目しご紹介をしていく本企画。

 

今回は、【冒険法人プラコレ】の代表取締役CEO・武藤功樹氏に、ブライダル業界に新風を吹かせる同社の取り組みについて、お話を伺いました。

 

>>ブライダル業界に新風を吹かせる、冒険法人プラコレが成功しているワケ。

 

ぜひ、お手すきのタイミングでご一読くださいませ。


 

いわゆる事業部制のことを、ドラッカーは「連邦分権組織」と呼んでいます。成果中心の組織であるこの連邦分権組織ですが、これが成立するためには、どのような条件が必要なのでしょうか?


 

ホッピービバレッジ株式会社 三代目社長・石渡 美奈氏のインタビュー、最終回。同社では、巷でも話題の「健康経営」を取り入れています。また、ホッピーの新たな可能性に着目した医師から、「ホッピーはこれからとても面白いよ」と言われたその理由とは…?


 

<「No」と言えないときに効く禅語>
上司やメンバーから次々と仕事を頼まれ、忙しくてもつい引き受けてしまう。その結果、必ずしも自分がやらなくて良い雑務に追われ、いっぱいいっぱいに……。こんな経験はございませんか?
ときには、「明確に断る」ことも必要になるかもしれません。全て引き受けて曖昧な結果にするよりも、やるべきことに焦点を当てて集中することが、最終的に自分だけではなく周りにも、良い影響をもたらすものです。


 

今回の「社長を目指す方程式」のテーマは、「人脈術」。重責を担う人は、良い人脈を引き寄せる力を兼ね備えています。その人脈作りの思考、行動パターンは、実は一般的に思われているものと大きく異なるところがあるのです。


 

今回ご紹介するのは、『THE VISION あの企業が世界で成長を遂げる理由』。編集を手掛けられた森鈴香氏に、本書の見どころを伺いました。「ビジョン」はなぜ大切と言われるのか、その理由が分かります。


 

今回ご紹介するのは、株式会社Tryfunds。同社は、企業向けにアドバイザリーやM&A、戦略コンサルティングを展開しています。五輪出場をめざす競泳選手から、起業家の道へと進んだ異色の経歴の持ち主、同社表取締役CEO・丹野 裕介氏にお話を伺いました。

1

2

プロフィール

  • 藤田桂子

    KEIEISHA TERRACE編集部

    1988年東京都生まれ。2014年、経営者JPに入社。プラットフォーム事業本部のリーダーとして「KEIEISHA TERRACE」の立ち上げに携わる。「志高き経営者・リーダーたちが、集い、学び、執行する場の提供」を実現するためにオンライン・オフライン共に様々なサービス提供を実現していく。