TOP 今週のKEIEISHA TERRACE 12月15日~21日の新着記事Pick Up!

2018/12/21

1/2ページ

第5回

12月15日~21日の新着記事Pick Up!

  • 今週のKEIEISHA TERRACE
  • エンタテインメント
  • KEIEISHA TERRACE編集部 藤田桂子

 

12月15日~21日の間にKEIEISHA TERRACEで公開された記事をご紹介いたします。

 

今週の目玉記事は、新企画「イマ、ココ、注目社長!」。
各業界でご活躍中のいま注目の社長に、事業、経営、経営者とは、理想の幹部像などについてズバリお聞きするこの企画。
初回となる今回は、クラフトビールの異色のヒット商品『よなよなエール』、『水曜日のネコ』などで知られる、株式会社ヤッホーブルーイングの井手社長にご登場いただきました!

 

ぜひ、お手すきのタイミングでご一読くださいませ。


 

ドラッカーによれば、企業内の活動はすべて「貢献」によって位置づける必要があり、さらにそれらの活動はすべて、貢献の仕方によって4つに分類できるといいます。


 

マーケティング戦略について、「最初に現場の経験をしてしっかり学んでから、戦略理論を学ぶ方がいい」と永井氏は語ります。これは経営にも通ずることと言えますね。


 

「SankeiBiz」にて、大好評連載中の「社長を目指す方程式」。
今回は、一か月前に電撃逮捕された日産・ゴーン前会長を例にとり、これまでのリーダーシップの変遷、今後求められるリーダーシップについて解説いたします。


 

<大勢の前でプレゼンやスピーチを依頼されたときに効く禅語>
自分自身を観客席から見ている意識を持つ、そういうメッセージをもつ「離見の見」は転ばぬ先の杖になってくれます。


 

”一生問い続けること。それが一番の学びになる。”
-ピーター・ユベロス(ファースト・エクスプレス創業者)

 

 

旅行代理店であるファースト・エクスプレスを創業し、北米で業界第二位の大企業に成長させた人物である。

 

その手腕を買われ、1979年に五輪組織委員長に就任、1984年に史上初の民営五輪を成功に導き、タイム誌など各誌でその年の“マン・オブ・ザ・イヤー”に選定されいる。

 

彼のキャリアはスポーツ選手から始まったというから、驚きである。

 

常に問い続け、学び続けたからこそ、こうした偉業を達成できたのだろう。

 

1

2

プロフィール

  • 藤田桂子

    KEIEISHA TERRACE編集部

    1988年東京都生まれ。2014年、経営者JPに入社。プラットフォーム事業本部のリーダーとして「KEIEISHA TERRACE」の立ち上げに携わる。「志高き経営者・リーダーたちが、集い、学び、執行する場の提供」を実現するためにオンライン・オフライン共に様々なサービス提供を実現していく。