TOP スペシャルコラムドラッカー再論 組織は、「貢献の種類」で分類し編成せよ。

2018/12/17

1/1ページ

第152回

組織は、「貢献の種類」で分類し編成せよ。

  • ドラッカー再論
  • エグゼクティブ
  • マネジメント
  • 株式会社 経営者JP 代表取締役社長・CEO 井上和幸

 

 

「100年以上も前、初めて組織構造に関心がもたれた頃から議論されてきた問題が、「いずれの活動を一緒にし、いずれの活動を分けるか」だった。」(『マネジメント–-課題、責任、実践』、1973年)

 

こうドラッカーは記している。これが1973年のことだから、我々からすれば150年近く前からの、古くて新しい問題、ということになる。
当時、「工務(研究、技術、生産)と商務(販売、財務)で分ける」「ラインとスタッフで分ける」、そして「職能で分類し分ける(括る)」というような組織構造の考え方が現れ、それぞれに長所と短所を併せ持つ。
その上で、ドラ...

こちらは会員限定記事です。
会員登録をしていただくと続きをお読みいただけます。

プロフィール

  • 井上和幸

    株式会社 経営者JP 代表取締役社長・CEO

    1989年早稲田大学卒業後、リクルート入社。2000年に人材コンサルティング会社に転職、取締役就任。2004年よりリクルート・エックス(現・リクルートエグゼクティブエージェント)。2010年に経営者JPを設立、代表取締役社長・CEOに就任。 『社長になる人の条件』(日本実業出版社)、『ずるいマネジメント』(SBクリエイティブ)『30代最後の転職を成功させる方法』(かんき出版)など著書多数。