TOP スペシャルコラムドラッカー再論 企業組織内における「情報活動」と「良識活動」。

2018/12/25

1/1ページ

第153回

企業組織内における「情報活動」と「良識活動」。

  • ドラッカー再論
  • エグゼクティブ
  • マネジメント
  • 株式会社 経営者JP 代表取締役社長・CEO 井上和幸

 

 

前回、企業の組織内活動は、その貢献の種類によって大きく四つに分類できること(成果活動/インプット活動/家事活動/トップ活動)、その中で、成果活動には3つの活動があり(直接成果活動/成果貢献活動/情報活動)、インプット活動にも3つの活動がある(良識活動/助言活動/関係活動)ということをご紹介した(※VOL.152)。
今回と次回、これらの中で特に留意したい活動について解説してみたい。

 

まずは、「情報活動」について。
ドラッカーは情報活動について、組織上の特殊な事情があると言う。情報活動とは、特定のプロセスではなく全体のプロセスに関わるもので...

こちらは会員限定記事です。
会員登録をしていただくと続きをお読みいただけます。

プロフィール

  • 井上和幸

    株式会社 経営者JP 代表取締役社長・CEO

    1989年早稲田大学卒業後、リクルート入社。2000年に人材コンサルティング会社に転職、取締役就任。2004年よりリクルート・エックス(現・リクルートエグゼクティブエージェント)。2010年に経営者JPを設立、代表取締役社長・CEOに就任。 『社長になる人の条件』(日本実業出版社)、『ずるいマネジメント』(SBクリエイティブ)『30代最後の転職を成功させる方法』(かんき出版)など著書多数。