TOP 経営者がおさえておきたい、HR5大重要テーマを語る ピラミッド型の上下関係を壊さなければイノベーションは起こせない。(4/5)

2018/01/30

1/1ページ

第4回

ピラミッド型の上下関係を壊さなければイノベーションは起こせない。(4/5)

  • 組織
  • スペシャル対談
  • リクルートワークス研究所 主幹研究員 豊田義博
  • 株式会社 経営者JP 代表取締役社長・CEO 井上和幸

 

プロフェッショナルな専門家の記事が読める!60秒で簡単・メンバー登録はこちら >

 

 

「経営者を語る。」――今回は、豊田義博氏(リクルートワークス研究所・主幹研究員)をゲストにお迎えします。

テーマは「経営者がおさえておきたい、HR5大重要テーマを語る」。
多様な人が活躍できる職場環境とは?
働きがいと誇りを感じられる仕事の与え方とは?
人生100年時代にあって従業員の一人ひとりがキャリアオーナーシップを持つための支援とは?――
など、これからの企業経営におけるHR領域での5つの重大テーマについて、豊田義博さんと弊社代表・井上和幸で語り合っていただきました。全5回でお届けします。

 

 

井上 第4のテーマである《管理至上型に変わる、従業員の創造性を引き出す「イデオロギー改革」》ですが、イデオロギー改革という言葉が面白いですね。

 

豊田 この言葉遣いは、実は私のオリジナルではなくて、ゲイリー・ハメルが書いた『経営は何をすべきか』(ダイヤモンド社・2013年)という本にあった言葉です。彼は同著の中で、管理至上主義を批判したうえで、「よりよい業務プロセスとよりよいビジネスモデルだけでは足らず、よりよい事業原則が求められる。だからこそ、イデオロギーがかつてなく重要になっている」と記していて、私も好んで使わせてもらっています。

今回のテーマの中に「管理至上型に変わる」とありますが、実は私が初めて出した単著『「上司」不要論。』(東洋経済新報社・2007年)という本にも、管理至上主義の弊害を書いていました。これは全然売れなかったし、当時は私の意図が伝わらなかったと思うんですが、私の主張は「上司はバカだから要らない」ではなく、「もう、上意下達のようなピラミッド型構造によって企業でのいろんなことを推進していく時代ではないでしょう? 」ということでした。特に日本の場合は、今でも、現場でパフォーマンスを上げた人間がそのまま上司的なポジションに就くという傾向の中でアサインをされる。売れている人間だから上のポジションに就くということは、いろんなことがわかって全面的に上司が意思決定できるという構造になるので、上下関係的なことが今も執拗に色濃く出るという組織ができています。

 

加えて言えば、KPIを明確に定めて業務を推進するような昨今のマネジメントの潮流とも相まって、組織の硬直性がどんどん増しているように私には感じられるんですね。だから、働きがいといった部分も損なわれるし、キャリアオーナーシップもなくなるとか、そういうことがすべてセットになっている。でも、広義でのマネジメントは絶対に必要じゃないですか。必要であるマネジャー像と、今日本企業の中で言われている上司みたいな...

こちらはプラチナメンバー限定記事です。
プラチナメンバー登録(年間11,000円or月間1,100円)を
していただくと続きをお読みいただけます。

※登録後30日間無料体験実施中!

プロフィール

  • 豊田義博

    リクルートワークス研究所 主幹研究員

    1983年東京大学理学部卒業後リクルート入社。就職ジャーナル、リクルートブック、Worksの編集長を経て、現在は研究員として、20代の就業実態・キャリア観・仕事観、新卒採用・就活、大学時代の経験・学習などの調査研究に携わる。著書に『なぜ若手社員は「指示待ち」を選ぶのか?』(PHPビジネス新書)、『若手社員が育たない。』『就活エリートの迷走』(以上ちくま新書)、『「上司」不要論。』(東洋経済新報社)、『新卒無業。』(共著 東洋経済新報社)などがある。

  • 井上和幸

    株式会社 経営者JP 代表取締役社長・CEO

    早稲田大学卒業後、リクルート入社。コンサルティング会社取締役、リクルートエグゼクティブエージェントマネージングディレクター等を歴任。2010年経営者JPを設立し、現職。