TOP 2020年人工知能時代の幸せな働き方と経営、リーダーシップ AIを上手く使うということは、人間とは何かを深く知るということと同義語である。(5/5)

2017/11/13

1/1ページ

第5回

AIを上手く使うということは、人間とは何かを深く知るということと同義語である。(5/5)

  • 2020年人工知能時代の幸せな働き方と経営、リーダーシップ
  • キャリア・働き方
  • 経営
  • リーダーシップ
  • 株式会社働きごこち研究所 代表取締役 ワークスタイルクリエイター 藤野貴教
  • 株式会社 経営者JP 代表取締役社長・CEO 井上和幸

井上 ちなみに、藤野くんは、採用人事に関することや、流行りの「HRテック」については、どう見ているの?

 

藤野 採用人事については、2つ思うところがあります。例えば、エントリーシートの添削をAIが代行するという話がありますが、それは先ほど話した《会議の内容を音声認識で議事録(テキスト)化する》というのと同じレベルの話だと思います。ここに …

こちらは会員限定記事です。
会員登録をしていただくと続きをお読みいただけます。

プロフィール

  • 藤野貴教

    株式会社働きごこち研究所 代表取締役 ワークスタイルクリエイター

    アクセンチュア、人事コンサルティング会社を経て、東証マザーズ上場のIT企業において、人事採用・組織活性・新規事業開発・営業MGRを経験。2007年、株式会社働きごこち研究所を設立。「ニュートラルメソッド」を基に、「働くって楽しい!」と感じられる働きごこちのよい組織づくりの支援を実践中。「今までにないクリエイティブなやり方」を提案する採用コンサルタントとしても活躍。グロービス経営大学院MBA。 2015年より「テクノロジーの進化と人間の働き方の進化」をメイン研究領域としている。日本のビジネスパーソンのテクノロジーリテラシーを高め、人工知能時代のビジネスリーダーを育てることを志として、全力で取り組んでいる。 著書:『2020年人工知能時代 僕たちの幸せな働き方』(かんき出版)

  • 井上和幸

    株式会社 経営者JP 代表取締役社長・CEO

    早稲田大学卒業後、リクルート入社。コンサルティング会社取締役、リクルートエグゼクティブエージェントマネージングディレクター等を歴任。2010年経営者JPを設立し、現職。