TOP 2020年人工知能時代の幸せな働き方と経営、リーダーシップ AIツールが仕事の面白味とやりがいを奪ってはいけない。相談したら選択肢を提示してくれる相談相手みたいなレベルがいい。(2/5)

2017/10/24

1/1ページ

第2回

AIツールが仕事の面白味とやりがいを奪ってはいけない。相談したら選択肢を提示してくれる相談相手みたいなレベルがいい。(2/5)

  • 2020年人工知能時代の幸せな働き方と経営、リーダーシップ
  • キャリア・働き方
  • 経営
  • リーダーシップ
  • スペシャル対談
  • 株式会社働きごこち研究所 代表取締役 ワークスタイルクリエイター 藤野貴教
  • 株式会社 経営者JP 代表取締役社長・CEO 井上和幸

井上 「メルカリ」が人工知能時代のサービスそのものだというのは、どういった点が?

 

藤野 順を追って話していきますが、人工知能時代というのはそもそも何かというと、《人々がそれを人工知能だと意識せずに使っている状況》です。今、我々はスマホを意識しないで使っていますよね。グーグルマップも当たり前に利用しています。しかし、僕が2007年にスマホを使い始めたときには、いろいろ驚きがありました。最初に使ったアプリが、《画面に向かって息をフーフー吹きかけると女の子のスカートがめくれる》というものだったんですが(笑)、スマホってヤバいなと思いましたね。

 ...

こちらは会員限定記事です。
会員登録をしていただくと続きをお読みいただけます。

プロフィール

  • 藤野貴教

    株式会社働きごこち研究所 代表取締役 ワークスタイルクリエイター

    アクセンチュア、人事コンサルティング会社を経て、東証マザーズ上場のIT企業において、人事採用・組織活性・新規事業開発・営業MGRを経験。2007年、株式会社働きごこち研究所を設立。「ニュートラルメソッド」を基に、「働くって楽しい!」と感じられる働きごこちのよい組織づくりの支援を実践中。「今までにないクリエイティブなやり方」を提案する採用コンサルタントとしても活躍。グロービス経営大学院MBA。 2015年より「テクノロジーの進化と人間の働き方の進化」をメイン研究領域としている。日本のビジネスパーソンのテクノロジーリテラシーを高め、人工知能時代のビジネスリーダーを育てることを志として、全力で取り組んでいる。 著書:『2020年人工知能時代 僕たちの幸せな働き方』(かんき出版)

  • 井上和幸

    株式会社 経営者JP 代表取締役社長・CEO

    早稲田大学卒業後、リクルート入社。コンサルティング会社取締役、リクルートエグゼクティブエージェントマネージングディレクター等を歴任。2010年経営者JPを設立し、現職。