TOP 今なぜ、改めて経営者たちはドラッカーにはまるのか? 「リフレクションは並の人間を一流にする」―― 失敗ではなく、もっと良くできる方法をふり返れ。(3/5)

2018/10/02

1/1ページ

第3回

「リフレクションは並の人間を一流にする」―― 失敗ではなく、もっと良くできる方法をふり返れ。(3/5)

  • 今なぜ、改めて経営者たちはドラッカーにはまるのか?
  • 経営
  • マネジメント
  • 株式会社ダイヤモンド社クロスメディア事業局局次長、ドラッカー塾事務局 今給黎健一

 

井上 ところで、ドラッカーの『マネジメント』をずっと読み解かせていただいている中で(メルマガ連載「ドラッカー再論」)、先日、「日本の意思決定方法は優れているのだ」という趣旨の記述があったんです。僕は割と丁寧に読んでいるつもりですが、「あ、ドラッカーさんはこんなことも言っていたんだな」と。
それはこんな内容でした。僕なりの表現でざっくり要約すると、《最初に、ああやこうやと、ちゃんと合意形成をしていく日本の意思決定の仕方は正しい。最初はノロノロし …

こちらはプラチナメンバー限定記事です。
プラチナメンバー登録をしていただくと続きをお読みいただけます。

プロフィール

  • 今給黎健一

    株式会社ダイヤモンド社クロスメディア事業局局次長、ドラッカー塾事務局

    1988年ダイヤモンド社入社。週刊ダイヤモンド、ハーバードビジネスレビューのダイレクトマーケティングを担当し、現在はダイヤモンド経営者倶楽部、ドラッカー塾、ダイヤモンド経営塾を推進している。マネジメントの父と呼ばれるドラッカー教授。その基本と原則にもとづき経営を体系的に学ぶ「ドラッカー塾」と「ダイヤモンド経営塾」を運営する。ドラッカー理論の骨格となる「5つの質問」をベースに中小企業経営者とビジネスパーソンに気づきの機会を作り、実践に組み込む活動を行っている。