TOP 今なぜ、改めて経営者たちはドラッカーにはまるのか? 「ドラッカー塾・トップマネジメントコース」が、参加費180万円でも満員御礼の理由。(1/5)

2018/09/11

1/2ページ

第1回

「ドラッカー塾・トップマネジメントコース」が、参加費180万円でも満員御礼の理由。(1/5)

  • 今なぜ、改めて経営者たちはドラッカーにはまるのか?
  • 経営
  • マネジメント
  • 株式会社ダイヤモンド社クロスメディア事業局局次長、ドラッカー塾事務局 今給黎健一

 

井上 今回は、経営者やリーダーに大人気の研修「ドラッカー塾」や、ドラッカーさんご本人のエピソードなどをお伺いするつもりで来ました。こういう機会だから言うわけではないのですが、最近、経営者の方たちの口の端に改めてドラッカーが上ることが多いような気がするんですよ。

 

今給黎 特に、井上さんがすごいメルマガ(「ドラッカー再論」)を書かれていますからね。

 

井上 多少でも貢献できていれば嬉しいですが。

 

今給黎 ここまで書いてすごいよなあ、と思いながら読んでいます。たまに、「ドラッカーさんはこんなことを言ってたんだ!」というところもあって、自分は読んでいるつもりでもまだまだ読めていないんだなと思いますよ。

 

井上 そんなご謙遜を……。ところで、今話題の「ドラッカー塾」ですが、今給黎さんは立ち上げから参加されていたんですか。

 

今給黎 2003年にドラッカー塾は始まったのですが、私は2012年から担当になりました。

 

井上 では、担当になられてから講座の人気を加速させたわけですね。まずは、読者の方のために「ドラッカー塾」の概要を簡単にご紹介いただけますか。

 

今給黎 「ドラッカー塾」というのは、ご存知の通り「マネジメントの父」と言われるピーター・ドラッカー教授(1909年ー2005年)の理論に基づいて、マネジメントの基本と原則を体系的に学び、考え、実践する講座です。
単に知識の習得で終わることのないように、実際のビジネスに活かせるプログラムになっているのが大きな特徴ですね。
参加者の立場によってコースは3つに分かれていて、経営者限定の「トップマネジメントコース」、経営幹部対象の「エグゼクティブコース」、そして、マネージャーと幹部候補対象の「マネジメント基本コース」となっています。

井上 この研修は、どういった経緯で誕生したのですか。

 

今給黎 もともとダイヤモンド社では、「ドラッカー塾」のような研修ビジネスをやるつもりは一切なかったんです。ドラッカーさんご自身も集合研修のコンテンツを持っていたわけではありませんでした。
2000年頃に最初に売り出したのは、実はeラーニングでした。ドラッカーさんも、「これからはeラーニングが主流になる」と強い思い入れを持っていらっしゃって、ご本人が細部にこだわって開発したコンテンツでした。
ところが日本では全く売れなかったんです。当時、「eラーニング」という言葉自体は話題になっていましたが、実際にみんながやっていたのかというと疑問でした。

 

井上 通信環境も今よりはかなり悪かったですしね。

 

今給黎 価格設定の問題もありました。今、eラーニングの主流は500円くらいだと思いますが、「ドラッカー塾」は1講座(約30分)が1万2000円という設定だったので、かなり苦しみました。
でも、我々としてはドラッカーさんの期待を裏切るわけにはいかない。そこで、「もしかしたらおまけに研修を付けたらいいんじゃないか?」と考えて、2003年にドラッカー塾の「マネジメント基本コース」を開始しました。
今は、研修を受けるとeラーニングが付いてきますが、本当はeラーニングに研修を付けたのが商品の成り立ちなんです(*事前にeラーニングを受けてから講座に参加する「反転学習」スタイル)。

 

井上 研修を始めて、売り上げの問題は解決されたんですか。

 

 

1

2

プロフィール

  • 今給黎健一

    株式会社ダイヤモンド社クロスメディア事業局局次長、ドラッカー塾事務局

    1988年ダイヤモンド社入社。週刊ダイヤモンド、ハーバードビジネスレビューのダイレクトマーケティングを担当し、現在はダイヤモンド経営者倶楽部、ドラッカー塾、ダイヤモンド経営塾を推進している。マネジメントの父と呼ばれるドラッカー教授。その基本と原則にもとづき経営を体系的に学ぶ「ドラッカー塾」と「ダイヤモンド経営塾」を運営する。ドラッカー理論の骨格となる「5つの質問」をベースに中小企業経営者とビジネスパーソンに気づきの機会を作り、実践に組み込む活動を行っている。