TOP コミュニケーションをエンジニアリング、人と組織の潜在力を解き放つ 問題解決とは、「S-PDS(基準値―仮説―実行―検証)」のプロセス。(5/5)

2018/08/28

1/1ページ

第5回

問題解決とは、「S-PDS(基準値―仮説―実行―検証)」のプロセス。(5/5)

  • コミュニケーションをエンジニアリングし、人と組織の潜在力を解き放つ
  • キャリア・働き方
  • スペシャル対談
  • 株式会社リクルートコミュニケーションエンジニアリング 代表取締役社長 西垣大
  • 株式会社 経営者JP 代表取締役社長・CEO 井上和幸

 

 

井上 先ほど、超大手企業は「べき論」でビジネスを動かしているという話がありました。
ただ、なかなかそういうものでは動かないのが超大手ではないような会社ですし、また、超大手であったとしても、変革が必要なときに既存の機能だけで上手くいくのかというと、そうはいかない。結局コミュニケーションなんでしょうね。

 

西垣 そういう意味では、変化する経済やマーケットという生態系の中で企業という生き物が30年、50年生き残っていけるかどうかなんて、誰も確実なことはわからないわけです。「今、既存の会社の中でこの先30年残っている会社ってど...

こちらはプラチナメンバー限定記事です。
プラチナメンバー登録をしていただくと続きをお読みいただけます。

プロフィール

  • 西垣大

    株式会社リクルートコミュニケーションエンジニアリング 代表取締役社長

    1965年生まれ、兵庫県出身、神戸大学卒。 1988年、リクルートへ入社。人事(主に採用業務)、新規事業開発、人材開発事業の商品開発、営業マネジャーを経験。 2002年より、コミュニケーションエンジニアリング事業に参加し、以降CEとしてCESを実践。 2018年、リクルートコミュニケーションエンジニアリングの代表取締役就任。

  • 井上和幸

    株式会社 経営者JP 代表取締役社長・CEO

    早稲田大学卒業後、リクルート入社。コンサルティング会社取締役、リクルートエグゼクティブエージェントマネージングディレクター等を歴任。2010年経営者JPを設立し、現職。