TOP コミュニケーションをエンジニアリング、人と組織の潜在力を解き放つ こんな時代だからこそ、マネジメントには「高いレベルの信頼」が必要になっている。(1/5)

2018/07/24

1/2ページ

第1回

こんな時代だからこそ、マネジメントには「高いレベルの信頼」が必要になっている。(1/5)

  • コミュニケーションをエンジニアリングし、人と組織の潜在力を解き放つ
  • キャリア・働き方
  • スペシャル対談
  • 株式会社リクルートコミュニケーションエンジニアリング 代表取締役社長 西垣大
  • 株式会社 経営者JP 代表取締役社長・CEO 井上和幸

 

 

井上 西垣さん ~ずっと「大(だい)さん」と呼ばせていただいていますので、この対談でも以降「大さん」でいかせてください(笑)~ は、リクルートで僕の1年先輩になります。新卒入社で配属された人材開発部(※当時のリクルートにおける自社の採用に特化した人事部門内のセクション)で、部署の先輩として大変お世話になりました。僕らが入社する前後に「リクルート事件」があり、特に20代の頃は「会社の激動期を過ごした同志」のような感覚があの頃を一緒に過ごした“人開(ジンカイ)メンバー”にはありますよね。さて、まずは読者の皆さんに向けて「リクルートコミュニケーションエンジニアリング」社の沿革などから教えてください。

 

西垣 弊社の歴史を振り返ったときのスタートは、1989年にリクルートが立ち上げた「ワークデザイン研究室」という研究機関です。その前年に「リクルート事件」があって、創業者の江副浩正さんが退陣しました。で、2代目社長の位田尚隆さんより、「リクルートが新しい価値を生み出すために、30年のレンジで通用するリクルートらしい研究をしろ」という命題のもと基礎研究機関として発足したのです。そこで横山清和さん、我々にとっては師匠のような存在ですが、――、彼が研究所の責任者になり、当初は「30年のレンジで通用する研究!?」と言われて何を研究すればいいのか、価値ある研究テーマを見出すことに相当苦労されたそうです。その苦難の末に、生み出したテーマが、「人が生き生きと働くというのはどういうことなのか?」と、「人が生き生きと働く会社というのは一体どういう要件が整っている会社なのか?」というテーマでした。

 

井上 横山さんは、哲学者のような方でしたね。新卒で東大からリクルートに入られて――。

 

西垣 そうですね。で、その研究テーマは最終的に「モチベーション」と「コミュニケーション」に行きつくんですが、要は、活性化している組織というのは必ずモチベーションを活性化させるコミュニケーションがあって、コミュニケーションによってモチベーションが上がったり下がったりする。そして、このコミュニケーションというものを「エンジニアリングする」ことを通じて組織の活力をあげていくーーという考え方と技術をそこから生み出していって、リクルートの社内で実験したりしていく中で、だんだんと外のお客さまにそのサービスを提供していくようになり、それが今の形に至っているのが弊社です。

井上 大さん自身のご経歴も簡単に自己紹介して頂けますか。

 

西垣 新卒でリクルートに入って6年目(94年)まで、採用の部隊にいました。バブルが完全に弾けきったときに新規事業準備室に移動しましたが、そのときの事業テーマが「アウトプレースメント」でした。アメリカでは、企業で解雇された人の再就職の支援をするアウトプレースメント事業が結構な規模であり、日本でもいつかそういう時代が来るだろうということで、2年くらい事業検討をやりました。その事業検討をやっているときに、「人を移動させる」というテーマもあるけれど、「もう少し若いうちから、自分のキャリアや人生の手綱を自分で持っていくべきだ」といったことを、企業や個人にメッセージを出していくべきではないか? と考えるようになりました。それで、そのテーマの研修を作ることを提案したところ、「お前がやれ」ということになり、部署を異動して教育研修プログラムを開発することになりました。その後、営業に移動にして研修を売り、そこからのきっかけがあって、今のところに2003年くらいに移動してきたーーというのがここまでの流れですね。

 

井上 当時を改めて思い出しますね。バブルが崩壊したときに、「自分のキャリアは自分で考える」というようなテーマが出てきたんですよね。

 

西垣 今でもその部分は残っていますが、当時は今以上に会社という存在がその人の人生において大きな影響があった。だから、マネジメント1つとっても、当時のマネジャーは、本人の実力以上に、「この会社のマネジャーである」ということが大きな影響力の1つとして機能していました。明確な言葉にしなくても、「会社は定年まで面倒をみる。しかし、逆らったらこの会社で生きていけないよ」という暗黙の前提がありました。上司に対して、「おかしいじゃないですか」と一言言うことさえも簡単ではないくらいに、会社という存在が前提になっていた。

 

 

1

2

プロフィール

  • 西垣大

    株式会社リクルートコミュニケーションエンジニアリング 代表取締役社長

    1965年生まれ、兵庫県出身、神戸大学卒。 1988年、リクルートへ入社。人事(主に採用業務)、新規事業開発、人材開発事業の商品開発、営業マネジャーを経験。 2002年より、コミュニケーションエンジニアリング事業に参加し、以降CEとしてCESを実践。 2018年、リクルートコミュニケーションエンジニアリングの代表取締役就任。

  • 井上和幸

    株式会社 経営者JP 代表取締役社長・CEO

    早稲田大学卒業後、リクルート入社。コンサルティング会社取締役、リクルートエグゼクティブエージェントマネージングディレクター等を歴任。2010年経営者JPを設立し、現職。