TOP 志のリーダーシップ シニア層の役員だからこそ「学びの投資効果」は高い(2/5)

2018/01/23

1/1ページ

第2回

シニア層の役員だからこそ「学びの投資効果」は高い(2/5)

  • リーダーシップ
  • スペシャル対談
  • グロービス・コーポレート・エデュケーション マネジング・ディレクター 知命社中 代表 鎌田英治
  • 株式会社 経営者JP 代表取締役社長・CEO 井上和幸

 

プロフェッショナルな専門家の記事が読める!60秒で簡単・メンバー登録はこちら >

 

 

「経営者を語る。」――今回は鎌田英治氏(株式会社 グロービス マネジング・ディレクター/知命社中 代表)をゲストにお迎えします。

今回のテーマは、「難しい時代にあって、魂の入った志と目標を考え抜くためのエネルギーをどう探していくか――」。
『知命社中』という異業種の経営幹部同士が一堂に会し、6ヵ月にわたって濃密な思考と対話を繰り返すコミュニティを一昨年からスタートさせた鎌田さんと、弊社代表の井上和幸が、これからの経営者、リーダーに必要なものを語り合いました。全5回でお届けします。

 

 

井上 知命社中のカリキュラムを拝見すると、人間の本質を考えるためのセッションも多いですね。

 

鎌田 春日大社で権宮司を務められた岡本彰夫さんや、吉野の金峯山寺長臈(ちょうろう)の田中利典さんたちのお力をお借りして場を創らせて頂いています。ここでは宗教を巡る議論をするのではなく、その奥底にある「人間とは何か」という人間観を掘り下げています。知見豊富なお二人からいろんなことを教わって、深く考えさせられるたくさんのインスピレーションをいただいているんです。
例えば、興味深いキーワードとして「精進落とし」ということがあります。神社・仏閣の周りには門前町がありますが、門前町にあるものと言えば何が思い浮かびますか。茶屋、酒屋、料理屋などなど。もっと言えば置屋、花街などもあったでしょう。「山の行」で身を慎んで精進を積んだ人たちが、そのまま里や村に戻るのではなく、お酒を飲んだりして「精進落とし」をして里に戻る、という話です。精進を積んで、慎み深くきれいすぎる人が里に戻っても、現実社会の中で浮いてしまったり、周囲の共感を得られない、或いは受容されなくなってしまっては意味がない。だから「精進を落とし」が必要だというのです。日常人が生きている社会は、ある種の不合理や不条理、矛盾みたいなものの中で、時に弱音や愚痴を言うのが当たり前であり、それも人間である。そうした人間の弱さに寄りそうことの大切さ、「里の行」の難しさを説いているように感じます。知命社中で志を明確に立てることも大事ですが、リーダーとして深い人間理解に基づいた柔らかさ、親しみやすさの重要性に通じる話しとも言えます。

井上 その話は、とても興味深いです。確かに、神聖なるコンセプトをしっかり学ぶところから家に帰る間にちゃんと世俗をスルーさせるのは、大事なのかもしれませんね。
ところで、前回も話に出た、「魂の入った志や目標設定」「志のリーダーシップ」という話題をもう少し掘り下げたいのですが。

 

...

こちらはプラチナメンバー限定記事です。
プラチナメンバー登録(年間11,000円or月間1,100円)を
していただくと続きをお読みいただけます。

※登録後30日間無料体験実施中!

プロフィール

  • 鎌田英治

    グロービス・コーポレート・エデュケーション マネジング・ディレクター 知命社中 代表

    北海道大学経済学部卒業。コロンビア大学CSEP(Columbia Senior Executive Program)修了。日本長期信用銀行から1999年グロービスに転ずる。長銀では法人営業(成長支援および構造改革支援)、システム企画部(全社業務プロセスの再構築)、人事部などを経て、長銀信託銀行の営業部長としてマネジメント全般を担う。グロービスでは、人事責任者(マネジング・ディレクター)、名古屋オフィス代表、企業研修部門カンパニー・プレジデント 、グループ経営管理本部長、Chief Leadership Officer(CLO)などを経て、現在は株式会社グロービス マネジングディレクター 兼 知命社中 代表。講師としては、グロービス経営大学院および顧客企業向け研修にてリーダーシップのクラスを担当する。著書に『自問力のリーダーシップ』(ダイヤモンド社)がある。経済同友会会員。

  • 井上和幸

    株式会社 経営者JP 代表取締役社長・CEO

    早稲田大学卒業後、リクルート入社。コンサルティング会社取締役、リクルートエグゼクティブエージェントマネージングディレクター等を歴任。2010年経営者JPを設立し、現職。