TOP 総集編!経営者・幹部の大切にしている言葉 経営者に聞く!大切にしている言葉:株式会社Azoop代表取締役社長 朴 貴頌氏

2024/02/08

1/1ページ

総集編!経営者・幹部の大切にしている言葉

第60回

経営者に聞く!大切にしている言葉:株式会社Azoop代表取締役社長 朴 貴頌氏

  • リーダーシップ
  • マネジメント
  • キャリア
  • 組織

当メディアにて取材をさせていただいた方々にお聞きしている、「大切にしている言葉」。
あの経営者・幹部は、どんな言葉を大切にしているのでしょうか。
大切にしている理由とともにお届けする本企画。

 

今回は、「イマ、ココ、注目社長!」の特集にて取材させていただいた、株式会社Azoop代表取締役社長 朴 貴頌さんの言葉をご紹介します!

 

朴さんが大切にしている言葉は、

.

“チャレンジ、ゼロベース思考、スモールスタート、ゴーイングマイウェイ、チームワーク”

 

チームで勝つことが考えの前提にあるので、皆を巻き込む「チームワーク」。

 

また、スタートアップであるからこそ、

今ある慣習が本当に正解なのかを常に問う「ゼロベース思考」。

ビジネスモデルを含め現状が最適かどうか、

そうでない時には壊していく「チャレンジ」。

変える時は小さく変えて検証していくことを意識しているので「スモールスタート」。

 

「ゴーイングマイウェイ」は自分の性格でもありますし、

他人、競合を意識しないことで無駄な意思決定やストレスも減ります。

自分たちらしさや自分軸は常に大切にしています。

 

(朴 貴頌)

.

物流業界にフォーカスし、DXの遅れや人材不足など様々な経営課題に直面している企業の解決を包括的に支援している株式会社Azoop。同社では「トラッカーズ」ブランドで物流業界を強力にサポートするサービスを展開しています。なかでも「トラッカーズオークション」は、オンライン上で運送会社と中古車販売店をマッチングして中古トラックを売買できるサービス。中間マージンをカットするので、従来の買取りよりも車が高く売れます。

 

代表取締役の朴貴頌氏は、将来の起業を見据えて新卒でリクルートに入社し、HR領域でコンサルティング営業を担当。その後、父親からの誘いで、家業の中古トラック売買の会社に入社。そこで中古車流通の非効率さや物流業界のDXの遅れに気づき、その解決を目指して2017年5月に株式会社Azoopを設立しました。

 

朴さんは、韓国籍で北朝鮮にも親戚がおり、中国に留学した経験からも「東アジアの懸け橋になりたい」という想いを持っているとのことでした。ビジネスにおいても、アジアを中心に海外を視野に入れた事業展開への夢を常に持ち続けていると語ってくださいました。

 

記事の中では、リクルート時代の話や父との関係性、株式会社Azoopの立ち上げに至った経緯などについてもお伺いしました。ぜひ取材記事もご一読ください!

プロフィール

  • 朴 貴頌氏

    朴 貴頌氏

    株式会社Azoop 代表取締役社長

    慶應義塾大学総合政策学部を卒業後、2010年に株式会社リクルート(現、株式会社リクルートホールディングス)に新卒で入社。HR領域のコンサルティング営業として、中小から大手企業まで約200社の採用・育成の企画設計および運用を支援。 その後、父親が経営する会社(トラック運送業および商用車流通業)に入社し、取締役として関東エリアへの事業拡大を担当。 同社で感じた「中古車流通の非効率さ」や「デジタル化の遅れ」等の物流・運送業界が抱える課題を解決したい、という想いから2017年5月に株式会社Azoop(アズープ)を設立。 「トラッカーズ」ブランドのもと、商用車のECやネットオークション、運送業務支援サービス(SaaS)、人材紹介サービス等を展開し、物流・運送会社の経営課題解決・DXを支援している。

    この登場者の記事一覧をみる