TOP 総集編!経営者・幹部の大切にしている言葉 経営者に聞く!大切にしている言葉:株式会社カインズ 代表取締役会長 土屋 裕雅氏

2022/07/28

1/1ページ

総集編!経営者・幹部の大切にしている言葉

第2回

経営者に聞く!大切にしている言葉:株式会社カインズ 代表取締役会長 土屋 裕雅氏

  • リーダーシップ
  • マネジメント
  • キャリア
  • 組織
  • KEIEISHA TERRACE編集部 金子 千聡

当メディアにて取材をさせていただいた方々にお聞きしている、「大切にしている言葉」。
あの経営者・幹部は、どんな言葉を大切にしているのでしょうか。
大切にしている理由とともにお届けする本企画。

 

今回は、「私が経営者になった日」特集にて取材させていただいた、
株式会社カインズ 代表取締役会長 土屋 裕雅氏の言葉をご紹介します!

 

ホームセンター最大手、創業家2代目の土屋氏が大切にしている言葉は、

 

.

“我は我、彼は彼、されど仲良き”

 

かつての上司が「武者小路実篤がこう言ったんだ」と、
教えてくれました。

 

お互い、個々で違うんだから長く一緒だからわかっているというなれ合いで、
仲良くなるというのはないんだけども、
違いを認めながらも、一つの大きい仕事をやり遂げる
ということは大事なんだ、と。

 

別に敵だとしても、自分の考えていることと全然違う人たちとも
一緒に仕事はやらなければいけないから、
やはり違いがあるということを認めるのは、
すごく大事だなというふうに思っています。

 

( 土屋 裕雅 )

.

グループ総売上は1兆円を超える一大流通企業、ベイシアグループ。
その中核を担う企業の一社、業界のトップ企業として常に新しい試みで成長をし続けているのが株式会社カインズです。

 

土屋氏は、その前身である創業家「いせや」の長男として生まれました。

実は学生のとき、先生に“いせやを潰す男は、お前だな”と言われたくらい本当に不真面目だったんだとか。

 

取材の終わりの方で、
「物をただ売るだけのどこにでもあるホームセンターではなくて、DIYを拡大解釈して、生活を楽しむことが詰まっているようなホームセンターへ脱皮していきたい」
と語っていたのが印象的でした。

 

昨年末には、東急ハンズの買収を発表し、業界内外を揺るがしたカインズ。
「DIY文化の創造」を目標に掲げ、成長を続けるカインズに今後も注目です。
ぜひ、取材記事もご一読くださいませ。

 

プロフィール

  • 金子 千聡

    KEIEISHA TERRACE編集部

    2020年、経営者JPに入社。主にプラットフォーム事業本部で「KEIEISHA TERRACE」の取材記事掲載、オンラインセミナーの運営を担当する。