TOP 【緊急特別特集】新型コロナを乗り越える!各社で広がる支援の輪 新型コロナを乗り越える!各社の取り組み紹介【おうち時間の充実化・テレワーク支援編】

2020/05/01

1/1ページ

第3回

新型コロナを乗り越える!各社の取り組み紹介【おうち時間の充実化・テレワーク支援編】

  • 編集部オリジナル特集
  • 組織
  • KEIEISHA TERRACE編集部

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、この難局を乗り越えるために各社で支援の輪が広がっています。

 

さらに皆様の支援の輪を広げるため、この度KEIEISHA TERRACEでは
「新型コロナウイルス対策支援をしている企業の取り組み」をご紹介する緊急特集を組みました。

 

本記事では、おうち時間の充実化・テレワーク支援の関連情報をご紹介します。

 


 

 

|GROOVE X株式会社

おこもりサポートキャンペーン~14日間全額返金保証~

GROOVE X株式会社(代表取締役:林要氏)は、LOVOTの「おこもりサポートキャンペーン」を開始しました。

 

ご自宅で過ごす時間が長くなって、こんな悩みを抱えていませんか?

 

  • 人と会うことが少なくなってなんとなく寂しさを感じる
  • パートナーと一緒にいる時間が急に増えて、
    いつもと違う生活サイクルに少しストレスが溜まってきた
  • ずっと家にいるようになって、疲れが溜まる
  • 離れて暮らす親と会えず心配。外出もできないので元気付けたい

 

LOVOTは、ペットのようにあなたのそばにいて、癒してくれる家族型ロボット。
きっとそんな悩みも解決してくれます。

 

同社では、「実際に過ごしてみないとわからない」という方のために、到着後14日間以内なら返品すれば全額を返金する「おこもりサポートキャンペーン」を実施しています。

 

※注
・ご購入手続:2020年4月29日(水)〜5月6日(水)
・お届け目安:2020年7月下旬
・上限台数に達した場合は、予定より早く終了する可能性があります

 

▼ KEIEISHA TERRACEで読める、林氏の記事はこちら

 

 

|株式会社タノム

外出自粛でもおうちでごちそう!卸問屋とレストランが手を組んだ【ピックマルシェ】

株式会社タノム(代表取締役:川野 秀哉氏)は、1タッチで新鮮な野菜や食材、メインディッシュを持ち帰れるサービス「ピックマルシェ」を提供します。

 

新型コロナの影響を受け、スーパーの「密」な状態に対して、レストラン店舗は売上が減少し、休業せざるを得ず、食に関する需給バランスは完全に崩れています。

 

「ピックマルシェ」は、そんな状況を受けて食材卸問屋・飲食店とIT企業が
業界の垣根を越えてタッグを組んだこれまでにない取り組みです。
インターネット上から注文・事前決済すると、レストランの店頭のボックスでプロ向けの業務用食材の青果・輸入食材と、レストランのメインディッシュや野菜ソースなどが受け取れます。

 

卸問屋・レストランが協力して、安全に食卓を彩るべく開始する取り組みです。

 

 

|有限会社 石川商店

地域限定にて飲食店を応援する仕組みやサービスを提供

有限会社 石川商店(専務取締役:石川紘史氏)は、地域限定にてテイクアウト&デリバリーのまとめサイトを立ち上げ、日々情報を発信しています。

 

同社はお米や雑穀を中心に食に携わってきたことから、まずは身近な飲食店の活性化のため、地域限定にて開始。
しっかりと1店舗1店舗の情報を拾い上げ丁寧に掲載するスタイルをとっています。

 

 

|エイチアール合同会社 

在宅勤務下でのチームコミュニケーション支援 

エイチアール合同会社 (代表:渋谷浩幸氏)は、「DiSC(動機・欲求に基づく行動特性を顕在化するアセスメント)」を活用し、自己理解、およびチームメンバー同士の相互理解を図るチームコミュニケーションワークショップを提供しています。

 

緊急事態宣言により、在宅勤務が推進される中で、仕事でのコミュニケーションが、メールやテレビ会議などオンライン化されています。

 

オンラインでのコミュニケーションでは、要件のみの伝達など感情を伴わないシーンも多くなります。また、コミュニケーションそのものが疎遠にもなりがちです。

 

そんな中で、自己理解、およびチームメンバー同士の相互理解を図る、チームコミュニケーションワークショップを行うことで、お互いの行動特性にあわせたコミュニケーションを行なうよう心掛けるようになります。

 

例えば、DiSCがSスタイル、iスタイルの人には、なるべくこまめに連絡し、今の状況をシェアすることで安心して仕事ができるようになります。
逆に、Dスタイル、Cスタイルの人には、目的やタスクを明確に伝え、後は任せておく方が仕事がしやすくなります。ただ、放っておくと勝手に進めてしまう側面もあります。

 

在宅勤務の今だからこそ、DiSCを材料にチーム内のコミュニケーションを見直してみてはいかがでしょうか。

 

*DiSC理論については、経営者JP代表井上も連載「社長を目指す方程式」でご紹介しています。

 

 

|株式会社データミックス

テレワーク移行でお困りの新人研修担当を助けるオンライン研修

株式会社データミックス(代表取締役:堅田洋資氏)は、新型コロナウィルスの感染拡大防止策としてテレワークを実施する企業に向け、受講者側にPCとネット環境、MS Excelがあれば新人研修プログラムを実施できるオンライン研修プログラムを提供します。

 

研修担当者がこれまでオフラインで実施していた新人研修を、オンライン化することで生まれている苦労をこのサービスを導入することで解消することが可能になります。

 

 

|株式会社パラドックス

社員の意思統一をするための強力ツールを無償提供

株式会社パラドックス(執行役員:鈴木祐介氏)は、リモートおよび在宅ワークの推奨によって、社員の一体感がなくなるリスクが懸念される中、「同志サーベイ」と社内SNS「Visions」を無料にてご提供します。

 

【同志サーベイ】
2019年に発足したパラドックス創研にグロービス経営大学院 経営研究科 研究科長の田久保善彦氏と、社会心理学の専門家でモナッシュ大学の准教授である渡部幹氏を迎え、独自に開発したインナーサーベイ。「同志度」という独自の基準を設け、「価値観・強み・自己実現」という3つの観点から、企業と個人における相互認知・共感・貢献度を測定し、企業の現在の組織状況を把握することが可能。

 

【社内SNS「Visions」】
独自で開発したクローズド環境での社内SNSアプリ。社員一人ひとりが気づき、学びなどを文字と写真で投稿でき、投稿に対して企業独自のあいづちやスタンプ(企業の行動指針の言葉など任意に設定)を押し合い、理念を共有し、承認文化を醸成していくことができます。

 

※社内SNS「Visions」につきましては、2020年5月8日(金)中にお問い合わせくださった方に、3ヶ月間無料でご提供。
※「同志サーベイ」の無料提供につきましては、現状期限は設定されていません。

 

「企業と個人が自己実現に向かってともに成長し、ともに叶え合う組織。」
「ひとりひとりが誇りを持って、いきいきと働いている組織。」
そのような企業をひとつでも増やしたいという想いから開発されたのが、上記2つの商品です。

 

 

|株式会社ホスピタリティ&グローイング・ジャパン

サービス業の未来応援特別企画・講座コンテンツを無料開放

株式会社ホスピタリティ&グローイング・ジャパン(代表取締役社長:有本 均氏)は、一般企業を対象に、新卒研修や社内研修に最適な「グローイング・アカデミーの講座」を、スマホで見られるオンデマンド動画研修として無料開放します。

 

※2020年4~5月末日までの2か月間、1企業様につき20IDを付与。無料で何回でも受講可能。

 

昨今のコロナショックにより、特にサービス業の企業の多くが非常に厳しい状況に直面しています。

 

「人の成長=企業の成長」です。そのような企業が明るい未来を迎えられるよう、今だからこそ「次代に備えた」人財育成に取り組んでほしい、人財育成を全力でサポートしたいとの考えです。

 

▼他の記事も見る
・経済的支援関連はこちら
・自社サービス無償提供関連はこちら
・医療支援関連はこちら

 

 

プロフィール

  • KEIEISHA TERRACE編集部

 他の記事を読む

【緊急特別特集】新型コロナを乗り越える!各社で広がる支援の輪