TOP 【緊急特別特集】新型コロナを乗り越える!各社で広がる支援の輪 新型コロナを乗り越える!各社の取り組み紹介【自社サービス無償提供編】

2020/05/01

1/1ページ

第2回

新型コロナを乗り越える!各社の取り組み紹介【自社サービス無償提供編】

  • 編集部オリジナル特集
  • 組織
  • KEIEISHA TERRACE編集部

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、この難局を乗り越えるために各社で支援の輪が広がっています。

 

さらに皆様の支援の輪を広げるため、この度KEIEISHA TERRACEでは
「新型コロナウイルス対策支援をしている企業の取り組み」をご紹介する緊急特集を組みました。

 

本記事では、自社サービス無償提供関連の支援情報をご紹介します。

 


 

 

|株式会社JX通信社

新型コロナで企業と社員に起こる感染などのリスクを即時検知

株式会社JX通信社(代表取締役:米重 克洋氏)が提供するAI緊急情報サービス「FASTALERT」では、新型コロナウイルス感染症の最新の感染者数や感染事例が報告された場所などを、報道・発表前の情報から網羅しています。

 

FASTALERTのコロナ統計データは、LINE、SmartNews、NewsPicksなど大手ニュースプラットフォームでも活用されており、正確性や即時性に定評があります。

 

企業のオフィスでの感染リスクの拡大や、テレワークの拡大で社員の安全管理が難しくなるといった課題の解決に役立てることができ、現在、新型コロナと戦う各業種の企業限定で、期間限定の無償トライアルが可能です。

 

▼ KEIEISHA TERRACEで読める、米重氏の記事はこちら

 

 

|株式会社プラスワンインターナショナル

コロナショックを受けて困っているお店をグッズ販売で支援する「売上サポートプロジェクト」を5/1より開始!

オリジナルウェア・グッズの製造販売を行う株式会社プラスワンインターナショナル(代表取締役:新開強氏)は、グッズの販売を通じて休業や営業時間の短縮を余儀なくされてしまった事業者を支援する「売上サポートプロジェクト」を5月1日(金)より開始します。同プロジェクトでは、オンデマンドグッズ販売サービスの初期費用が無償となります。

 

現在、緊急事態宣言を延長するという方針も検討され、さらなる経済への影響が危惧されています。今すぐ支援が必要な方に、同社が出来る支援として本プロジェクトが発足されました。さらに、オンデマンドグッズ販売サービスとしては唯一となる、AIやツールではなく「プロのデザイナーによるデザインサービス」までを無償でフルサポートすることで、ロゴやデータがなくても、どなたでもお気軽に参加できるようになっています。

 

 

|株式会社WACUL

コロナ後を見据え、デジタルマーケティング改善を無償サポート

株式会社WACUL(代表取締役社長:大淵亮平氏)は、ポストコロナにおいて、コロナショックに苦しむ企業が、デジタルマーケティングの力で少しでも売上のリカバリーができるよう、2つの支援を行っています。

 

ひとつめは、コロナ影響の大きい業界向けに「AIアナリスト」を初期負担ゼロで提供する「アンチコロナキャンペーン」です。
こちらは、初期費用と年間契約の最初2ヶ月を無料とし、ゼロ円でポストコロナを見据えたマーケティングの改善をはじめられるプランになります。

 

ふたつめは、コロナ影響を受ける業界のデジタルマーケティングの勝ちパターンを分析したノウハウの無償公開です。

 

当社の保有する3万サイトのデータや数千件の改善実行から得られたノウハウを業界別に集め、当該業界が活用できる提言にまとめて、当社研究所サイトで公開しています。

 

▼ KEIEISHA TERRACEで読める、大淵氏の記事はこちら

 

 

|株式会社MUGENUP

テレワーク導入を支援 SaaS型プロジェクト管理ツール「Save Point」を無償提供

株式会社MUGENUP(代表取締役:伊藤勝悟氏)は、テレワークの導入を目指すクリエイターやクリエイティブ関係企業を支援すべく、SaaS型プロジェクト管理ツール「Save Point」を、5月31日(日)まで無償でサービス提供をしています。

 

ゲーム業界を中心に豊富な実績を重ねてきた「Save Point」は、イラストや3DCGなどクリエイティブ制作に特化したプロジェクト管理ツールです。
全てのコミュニケーションや制作物を一括管理できるほか、専用ツールがなくてもデータをブラウザだけで閲覧できるなど、クリエイターのテレワークをサポートする豊富な機能を実装しています。

 

「Save Point」の無償提供によって、テレワークの導入をサポートする考えです。

 

 

|株式会社IDOM

医療従事者をはじめとした “移動を必要とする” 全国1 万名にクルマを無償提供

株式会社IDOM(ガリバークルマ支援プロジェクトリーダー:山畑 直樹氏)は、政府による「緊急事態宣言」が7 都府県を対象に発令されたことを受け、医療従事者をはじめとした“移動を必要とするすべての方”の移動に関する不安を少しでも取り除くため、1万名の方へ、当社の所有するクルマを最大3ヵ月間、無償提供します。

 

 

|株式会社アドバンテッジリスクマネジメント

契約企業へのカウンセリング無料提供や心の専門家による動画を公開

株式会社アドバンテッジリスクマネジメント(代表取締役社長:鳥越 慎二氏)は、新型コロナウイルス禍で心理的不安を抱える人々の心のケアを目的に、電話による無料カウンセリングサービスを提供しています。(※同社既存サービスを契約かつカウンセリング未契約の企業や団体の従業員およびご家族が対象)

 

また、カウンセラーや人気研修講師によるメッセージ動画をYouTubeにて公開中。
「ストレスとの向き合い方」、「コロナ疲れにならないために今できること」をテーマに、ストレスのメカニズムから気軽に取り組めるセルフケア法まで、ストレス対処法のヒントを伝えています。

 

 

|株式会社ラムロック

入居者との面会を禁止とした介護施設に、見守りカメラを無償提供

株式会社ラムロック(代表取締役:赤間俊和氏)は、新型コロナウイルスの影響を受け、入居者との面会を禁止にしている全国の介護施設に対し、インターネット環境が要らない見守りカメラ「みまもりCUBE」を5月31日までレンタル料無料で提供しています。

 

きっかけは、介護施設に家族が入居されている方からの「家族の状況が分からず不安です」という問い合わせの増加。
現在、多くの介護施設では、厚生労働省からの「新型コロナウイルスの感染予防の観点から、面会は、やむを得ない場合を除き、制限することが望ましい」という連絡を受け、入居者との面会を禁止にしています。

 

そのような状況を受け、家族会いたくても会えない状況にある入居者とその家族
の方や、面会禁止という心苦しい決断をした介護施設職員さんの心理的な負担を軽減するため、今回のみまもりCUBEのレンタル料無償提供に踏み切りました。

 

 

|株式会社メンタルヘルステクノロジーズ

GW明けより「ELPIS-ケアーズLite」を法人向けに年内無料開放

株式会社メンタルヘルステクノロジーズ(代表取締役:刀禰真之介氏)は、誰にも知られず医師に直接メールで健康相談できる法人向けサービス「ELPIS-ケアーズLite」を、GW明けよりを法人向けに年内無料開放します。

 

昨今、「ELPIS-ケアーズLite」には、新型コロナウイルスに関することはもちろん、“コロナうつ”や“テレワーク疲れ”に代表されるように急ピッチで進めた在宅勤務など新しい仕事環境になかなか慣れないという声が多く寄せられており、相談件数は前月比5倍増と大幅に増加しています。

 

企業にとって急務でありながら、なかなか手をつけることができない“従業員が悩みを安心して相談できる環境づくり”の整備を積極的にサポートし、新型コロナウイルスに打ち勝とうと頑張る企業を支援します。

 

その他、業医業務オンライン化、BCP対応、テレワークのメンタルケアなど新型コロナ関連の対応も開始しています。

 

 

|株式会社TYL

ペット業界向け「別冊FreeAJ 就活応援特別号」を掲載費用無料で緊急発刊

新型コロナウイルスの影響により、ペット業界では一部において採用活動の一時中止や実習の一時的見合わせが発生しています。
株式会社TYL(代表取締役:金児 将平氏)は、就職活動が難航している学生を救うべく、「別冊FreeAJ 就活応援特別号」を5月末に発刊します。

 

* 別冊FreeAJ 就活応援特別号の特徴

 

▼求職者(学生)側のメリット
求人掲載費用を無料にすることで掲載事業所数が増加。求職者にとっては、より多くの求人情報を得ることで就職活動の幅が広げることができ、希望条件とのマッチ度合いが高いキャリアスタートに繋がります。

 

▼事業所側のメリット
今回の「別冊FreeAJ 就活応援特別号」は求人掲載費用が完全無料となり、今までコスト面から求人掲載を見送っていた事業所も、広告宣伝費をかけることなく採用を促進することが可能となります。

 

 

|株式会社アップ・トレンド・クリエイツ

飲食店向けの「制限営業」を告知するポスターを無償提供します

株式会社アップ・トレンド・クリエイツ(代表取締役:白岩 大樹氏)は、飲食店を対象に、POPの無償提供を行います。

 

現在(4/24現在)の飲食各社の動きは、政府の緊急事態宣言を受けて、大きく3つに分かれています。
①完全休業
②テイクアウト・宅配のみでの営業
③時短などの制限をした営業

 

休業か否か?については、今後、各社は臨機応変に対応していくと思いますが、②か③のように営業する以上は万全の状態で臨まなくてはなりません。

 

そこで同社では、お客様に制限営業を入口にて告知するPOPを無償提供いたします。

 

 

|株式会社リアルクロス

キャンペーン情報一括投稿代行サービスを無料提供

株式会社リアルクロス(代表取締役社長:山口義徳氏)は、新型コロナウイルス対策のキャンペーンを行う全ての企業を対象に、実施中の懸賞プロモーションを約70サイト(約300万人※)へお客様に代わって一括で投稿するサービスを無料でご提供します。

 

*申し込みについて
懸賞プロモーションの情報をご連絡いただくだけで、手間や時間をかけずにネット上の多くの懸賞ユーザーにアプローチできます。下記お問い合わせからご連絡ください。
※2019年2月株式会社ラックルが独自調査により各サイトの利用者数を推定

 

*5/31までの期間限定
問い合わせフォームに『KEIEISHA TERRACEより紹介』の旨を記載いただければ無料でご提供いたします。

 

 

|株式会社ヘルステック研究所 

従業員の健康観察を無料アプリで簡単に

株式会社ヘルステック研究所(代表取締役:阿部達也氏)は、同社が事務局として活動している「京大データヘルス研究会」の有志にて、「健康日記」アプリに濃厚接触者の健康観察機能を追加して3月上旬から無償提供を開始しています。

 

*利用方法
保健所が指定した濃厚接触者に対し「健康日記」アプリをApp Storeなどからダウンロードし、日々の体温や咳、だるさなどの症状を記録。搭載されたメール機能で保険所へ送付するだけです。

 

業務効率の事例として厚労省の目にとまり、全国の保健所に紹介されて3月末から一気に利用が広がりました。
その後、新型コロナの拡大に伴って利用者が1万人を突破。更にリモートワークをする社員や学生の健康管理のために企業や大学にも使われ始めました。

 

本アプリはAMEDという医療系の国の研究資金や京都大学の研究資金を基にPHRの実証実験用に開発されており安全性、利便性に優れています。大学関係の専門家の知見も受け、行政や病院、大学といった公的機関での利用実績も豊富です。
簡便に従業員の健康管理を実施したい企業や団体の皆様はぜひご活用ください。

 

▼他の記事も見る
・経済的支援関連はこちら
・医療支援関連はこちら
・おうち時間の充実化・テレワーク支援関連はこちら

 

 

プロフィール

  • KEIEISHA TERRACE編集部