TOP 今週のKEIEISHA TERRACE 7月20日~7月26日の新着記事Pick Up!

2019/07/26

1/2ページ

第34回

7月20日~7月26日の新着記事Pick Up!

  • 今週のKEIEISHA TERRACE
  • エンタテインメント
  • KEIEISHA TERRACE編集部 藤田桂子

 

7月20日~7月26日の間に、KEIEISHA TERRACEで公開された記事をご紹介いたします。

 

 

経営者・リーダーの皆様からの関心が特に高い、ビジネス書の記事が今週もアップされています。

 

書籍の担当編集者に読みどころをご紹介いただく、
連載「TERRACEの本棚」から2本。

 

>>『アイデアはあさっての方向からやってくる』の見どころをチェック!
>>『クレイジーで行こう!』の見どころをチェック!

 

 

ビジネス書著者の方に、著書と絡めて「明日から使える実践仕事術」をご紹介いただく「ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術!」から1本。

 

>>『モチベーション・ドリブン』のコラムをチェック!

 

 

週末のお時間で、ぜひごゆっくりとお読みいただければ幸いです。


 

ドラッカーは取締役会の役割について、「トップマネジメントの仕事を徹底して評価し、水準に達していなければ交替を迫ること」だと断言しています。それを踏まえ、取締役会が必要とされる3つの条件をご紹介いたします。


 

本日ご紹介するのは、『クレイジーで行こう!』です。著者の加藤氏は、過去に「日本企業を初めてグーグルに売った男」として名を馳せ、今では全米で朽ちゆく「水道管」を救うべく奮闘する加藤崇氏。
本書の見どころを、担当編集の坂巻氏に語っていただきました。


 

経営者がご自身で「経営者」になったと感じた瞬間はいつだったのか?今回から、農業ベンチャーの先駆者的存在として「カンブリア宮殿」などに登場、豆苗やスプラウトといった「発芽野菜」市場で圧倒的な国内シェアを獲得し注目を集める、株式会社村上農園代表の村上清貴氏にお話を伺います。


 

「デキる」社長には、人たらしタイプも多いですよね。彼らの得意技は「相手によってコミュニケーションスタイルを使い分ける」こと。ということで、今回のテーマは「商談や職場で“難しい相手”に対応する方法」です!


 

<「この人に学びたい」と思う人が社内にいないときに効く禅語>
もうこの会社には、学ぶべきことや学ぶべき人がいない…そう感じてしまったらどうしますか?
目標にすべき人が社内にいないと、モチベーションが下がったり、逆に慢心して向上心を失ったり…というように、成長が止まってしまう可能性が大いにあります。
そんなときに思い出してほしい禅語が、この「真玉泥中異」。「宝石は、たとえ泥のなかにあっても、その輝きを失わない」という意味です。


 

今回の「注目社長」は、株式会社オンリーストーリー・代表取締役CEOの平野哲也氏です!独自プラットフォーム「ONLYSTORY」や、アポイント獲得代行サービス「チラCEO」の運営を通して営業・販売を支援し、経営課題を解決したいと語る平野さんに、詳しくお話を伺いました。

1

2

プロフィール

  • 藤田桂子

    KEIEISHA TERRACE編集部

    1988年東京都生まれ。2014年、経営者JPに入社。プラットフォーム事業本部のリーダーとして「KEIEISHA TERRACE」の立ち上げに携わる。「志高き経営者・リーダーたちが、集い、学び、執行する場の提供」を実現するためにオンライン・オフライン共に様々なサービス提供を実現していく。