TOP イマ、ココ、注目社長! エリート官僚から起業家へ、「360度VR」で社会が変わるきっかけをつくりたい。

2019/03/27

1/2ページ

第18回

エリート官僚から起業家へ、「360度VR」で社会が変わるきっかけをつくりたい。

  • 注目企業
  • 経営者インタビュー
  • 組織
  • 経営
  • 株式会社スペースリー CEO 森田 博和氏

 

60秒で簡単無料登録!レギュラーメンバー登録はこちら >

 

 

ふと気づくと、ゲームや不動産の内見など生活のあちこちに導入されて始めている「360度VR(バーチャルリアリティ)」。

 

株式会社スペースリーは、そのパイオニア的存在です。

創業者の森田博和 代表取締役は、経済産業省で宇宙開発戦略計画に携わった後、シカゴ大へのMBA留学を機に起業家・経営者へ転身。安定したエリートの立場を捨てて、厳しいビジネスの世界でチャレンジを続けています。

 

360度VRの普及を日々感じつつ、「自分は社会が変わっていくきっかけをつくったんだ、ということを思っているのは、生きているという感覚がある」と話す森田さんに話を聞きました。

経産省のエリート官僚から起業家・経営者の道へ。

――最初に官僚(経済産業省)になられましたが、大学時代はパブリックの方に行こうと思われていたのですか?

 

森田 そういう気持ちは全くなかったですね。

 

 

――ということは、もともと宇宙系のビジネスにご興味があった?

 

森田 大学に入る時点で漠然とした興味があり、自分でやってみたいと思いました。官僚を選んだのは、その分野は国の予算で決まる分野がすごく大きいからです。そういった事実を目の当たりにして、この分野をもう少し世の中に広めていくときの手段としては、官僚でいることが今は一番影響力があると感じました。

 

 

――官僚になられて、そこで宇宙関連の職務に着任されていらっしゃいますね。普通、そういう選択はできるものなのですか?

 

森田 そこはすごく恵まれていたと思います。ちょうど内閣官房、いわゆる首相官邸で宇宙基本計画を創るような話ができあがったときに、その部署に誰かが出向する話があったので、「行かせてください」と手を挙げました。それがすぐそのまま通じることはあまりないんですが、運もありました。そこはもう本当に感謝の気持ちでいっぱいです。楽しかったですね。

 

 

――その後、アメリカ留学でMBAに行かれることになりましたね。

 

森田 ビジネスサイドのところの自分の無知さであるとか成長の必要性を感じていたことが一つ。あとは海外の仕事も官僚時代にやっていたので、そういうところでバリューが発揮できる人間にならないといけないと考えたときにMBAのビジネススクールが一番いいかなと思いました。

 

1

2

こちらは会員限定記事です。
無料会員登録をしていただくと続きをお読みいただけます。

プロフィール

  • 森田 博和氏

    株式会社スペースリー CEO

    1980年東京生まれ。2003年東京大学工学部卒業、2005年東京大学大学院航空宇宙工学科修了(JAXA宇宙科学研究所所属)後、経済産業省入省。内閣官房宇宙開発戦略本部事務局への出向時を含め中小企業政策、エネルギー政策、航空宇宙政策の企画、立案等に携わった後、2011年8月、米シカゴ大学ブースビジネススクール(シカゴブース)入学。2012年6月~8月、シカゴのPolsky Center Accelerator Program(起業家プログラム)に選抜。2013年6月MBA(経営学修士)取得。2013年7月に経済産業省を退職。同年8月国内法人株式会社スペースリーを創業。 - 書籍(監修本:統計学が世界を予測する): http://www.amazon.co.jp/dp/4800214165/