TOP イマ、ココ、注目社長! 利益を継続的に出しつつ社会貢献できる仕組みをつくる。

2019/04/03

1/5ページ

第19回

利益を継続的に出しつつ社会貢献できる仕組みをつくる。

  • イマ、ココ、注目社長!
  • 経営者
  • 組織
  • 経営
  • 株式会社テーブルクロス 代表取締役 城宝 薫氏

テーブルクロス』という、社会貢献もできるグルメアプリがあります。このアプリで飲食店の予約をすると、予約した人数分の給食が途上国の子供たちに届くのです(予約数に応じて飲食店がテーブルクロス社に広告費を支払い、同社は途上国で活動するNPOに寄付をする)。

 

この仕組みを考えたのは、同社代表取締役の城宝薫さん。2015年、立教大学3年生のときに起業し、2017年にはグローバルEY主催の「世界の女性起業家」の一人に選ばれた才媛です。「利益の創造と社会への貢献が同時にできる文化づくり」を理念に掲げ、現在、累計で22万食以上の給食を途上国7ヵ国に届けている城宝薫社長に話を伺いました。

日常生活の行動によって寄付が行きわたるプラットフォーム。

――城宝さんの生い立ちや学生時代の活動については、他のインタビュー記事にも多くご紹介されていますので、ここでは経営者としてのお話に絞って伺いたいと思います。この事業の構想を思いついてから会社をつくるところまでは、どのくらいの期間だったのですか?

 

城宝 初めていろんな人に話し始めてから登記をした日までが2週間なんです。

 

 

――ものすごく速いですね!

 

城宝 ちょっと速いですよね。ビジネスパートナーに出会えたことと、お金(2500万)が集まったということが2週間で揃ったので……。

 

 

――それもすごい。ところで、『テーブルクロス』という社名は、すごくわかりやすいなと思っていたのですが、これはどのように決められたのですか?

 

城宝 もともと「食卓と食卓をつなぐ」と思っていたので、『テーブル……』がいいなと思っていて、クロスも布のクロス(cloth)ではなくて、つなぐの方のクロス(cross)にしよう、と。

 

 

1

2

3

4

5

プロフィール

  • 城宝 薫氏

    株式会社テーブルクロス 代表取締役

    途上国で見た子どもの貧困と、飲食店の広告費の課題を同時に解決する「テーブルクロス」の仕組みを考案。飲食店を予約すると途上国のこどもたちに給食が届けられる。さらに、昨年2018年よりインバウンド事業「byfood.com」を運営。訪日外国人に対して食体験型のアクティビティイベントを提供し、”食”に特化をしたプラットフォーム事業を拡大している。大学三年時に起業した際は、約1億の資金調達を行いシステム開発に力を入れてきた。現在では社内の半分は外国人、さらにこどもを持つ女性社員の採用も積極的に行いダイバーシティの企業作りに励む。EY主催WWN2018受賞。EO GSEAグローバルコンテスト日本代表、キャンパスベンチャーグランプリりそな銀行賞受賞。経済産業省や内閣府をはじめ、企業・経済団体・大学・NPOなどでの講演多数を行う。