TOP 異能の経営者【I know.】米田純氏 野球に関わる仕事がしたくて会社を選んだ。

2018/10/18

1/2ページ

第1回

野球に関わる仕事がしたくて会社を選んだ。

  • 異能の経営者【I know.】
  • 経営
  • キャリア・働き方
  • 経営者
  • Food's Style株式会社 代表取締役社長 米田 純氏

 

今回から登場いただく米田純氏は、日本食レストランの海外出店をサポートするFood’s Styleの代表取締役社長。では、もともと飲食業界出身だったのか、というとそうではなく、新卒では西武百貨店を選んでいる。なぜ、西武百貨店を選んでいて、そこで何を吸収していったのか。米田社長に話を聞いてみた──。

 

 

■血尿を出しながら企画を考えていた20代。

――学生時代は何をされていたのでしょうか?

 

僕は小学校からずっと野球をやっていました。高校も大学も野球漬けで。

 

――学生時代に野球漬けということは、やはりプロを目指していたのでしょうか。

 

いえ、大学は準硬式の野球部なので硬式ではなかったので、野球でメシを食っていこうとは全然思っていなかったです。
ただ何か野球に関わる仕事がしたいなというのと、野球というスポーツに対して恩返しができるような仕事ができたら素晴らしいな、とは思っていました。

 

――それで卒業後はどちらへ。

 

新卒でセゾングループ(当時)に入りまして、その中でも西武百貨店に配属ということになりました。

 

――なるほど。野球に関連する仕事がしたいということで西武へ。

 

ええ、何か少しでも野球に関わることがしたかったんです。僕は86年入社なんですけども、当時、吉祥寺と池袋に「西武スポーツ館」というのがあったんですよ。スポーツだけの専門館で、その中にスポーツ別のプロショップがあるわけです。ヨットとかテニスとか。

 

――そして、野球もあるわけですね。

 

そうです。しかも人事制度に「マイスターを育てる」という、マイスター職制度みたいなものがあったんですね。だから勝手に僕は、野球のプロショップに配属になって、そこでグローブを直したり、スパイクを直したりするマイスターになるんだ、と。そして、地元の少年野球のプロモーションをしたりするんだ。そんな期待を抱いて、西武百貨店を志望して入社したわけです。

 

――入ってみてどうでしたか?

 

それが、配属が池袋店の紳士服で(笑)

 

――紳士服(笑)

 

僕らの時代は大学まで学ランだったので、ファッションなんか全然わからなくて。しかも配属が「トラッドハウス」というところで、最も服を知っていないといけないところでした。

 

――うわあ、それでどうしたんでしょうか。

 

本当に1から勉強しながら、売り場を4年間経験しました。そのあとは同じ池袋店の販売計画ですね。マーケティングというか、販促や企画です。

 

――企画という仕事はいかがでしたか?

 

そんな仕事、全然やったことないから大変ですよ。最初のうちは企画書を作るのに徹夜して、結局朝になっても1行も書けてない、なんてこともありましたからね。

 

 

1

2

プロフィール

  • 米田 純氏

    Food's Style株式会社 代表取締役社長

    1953年、神奈川県生まれ。野球漬けの子ども時代を送り、早稲田大学では体育会準硬式野球部に所属。卒業後、西武百貨店に入社し、池袋店・紳士服売り場を経て、営業政策や店舗運営、販促など本部でマーケティングに従事。2003年楽天に入社後、百貨店での業務経験を生かし、楽天市場ユーザーマーケティング部門にて勤務。その後、同社のプロ野球参入に伴い、東北楽天ゴールデンイーグルスの立ち上げを牽引し、初代球団代表に就任。2013年にプレンティUSAを設立、代表取締役社長CEO。2016年にFood's Style株式会社を設立、代表取締役社長就任。