TOP 経営者のための、覚悟を磨き、結果を勝ち取る力 部下に悩むリーダーが心がけるべき二つのこと。(4/5)

2018/10/09

1/1ページ

第4回

部下に悩むリーダーが心がけるべき二つのこと。(4/5)

  • 経営者のための、覚悟を磨き、結果を勝ち取る力
  • キャリア・働き方
  • 株式会社オープンプラットフォーム 代表取締役 リーダーシップ・行動心理学 研究者 池田貴将
  • 株式会社 経営者JP 代表取締役社長・CEO 井上和幸

 

 

井上 経営者の立場から言うと、未来記憶が自分なりに持てていることは当然として、会社としても「この会社は将来こんなふうになっていきたいよね」「必ずみんなでやれる」といった、従業員との「共同未来記憶」のようなものをどのように一緒に見られるかがすごく大事な気がしています。
また、個々のメンバーに仕事をしてもらうときに、その人に向いたテーマであるのは当然なんですが、その一人ひとりが担当している仕事の未来記憶を持っていてくれ …

こちらはプラチナメンバー限定記事です。
プラチナメンバー登録をしていただくと続きをお読みいただけます。

プロフィール

  • 池田貴将

    株式会社オープンプラットフォーム 代表取締役 リーダーシップ・行動心理学 研究者

    早稲田大学在学中よりベンチャービジネスの新規事業立ち上げなどに関わり、ビジネスの中での「心理学」の重要性を感じる。 その中で、成果をもたらす心理学の中で、世界的に有名なアンソニー・ロビンズのトレーニングを受けに渡米し、アンソニー・ロビンズの主要トレーニングをすべて修了。 大学卒業後、株式会社オープンプラットフォームを設立。 起業家・経営者・ビジネスリーダー向けのスクールを主宰。ビジネスの成果を上げる「感情と行動をつくる心理学」と、東洋の「人間力を高める学問」を統合した独自のメソッドが注目を浴び、書籍や雑誌などに数多く取り上げられる。 その誠実に学び続ける姿勢と、膨大に蓄積した知識を活かした講座は「専門家」も多く参加するセミナーとして全国で広く知られている。世界で活躍するビジネスリーダーを輩出することをミッションに、全国で活動している。 著書『覚悟の磨き方 超訳 吉田松陰』『動きたくて眠れなくなる。』(サンクチュアリ出版)『未来記憶』『心配するな。』(サンマーク出版)『がんばらないほうが成功できる』(PHP出版)など累計で40万部を突破。

  • 井上和幸

    株式会社 経営者JP 代表取締役社長・CEO

    早稲田大学卒業後、リクルート入社。コンサルティング会社取締役、リクルートエグゼクティブエージェントマネージングディレクター等を歴任。2010年経営者JPを設立し、現職。