TOP 経営者のための、覚悟を磨き、結果を勝ち取る力 あなたの決断力を高める、とてもシンプルな二つの方法。(1/5)

2018/09/04

1/2ページ

第1回

あなたの決断力を高める、とてもシンプルな二つの方法。(1/5)

  • 経営者のための、覚悟を磨き、結果を勝ち取る力
  • キャリア・働き方
  • 株式会社オープンプラットフォーム 代表取締役 リーダーシップ・行動心理学 研究者 池田貴将
  • 株式会社 経営者JP 代表取締役社長・CEO 井上和幸

 

 

井上 池田さんとは、僕が創業準備をしているときからご縁があって、当時は渋谷でされていた講座に参加させていただきました。あれはとてもいい機会になりました。「何がしたいのか?」「何を大切にするのか?」など根底の部分を掘り下げるワークなど、自分自身の良い棚卸にもなりましたよ。
経営者JPを創業してからは当社でワークショップを開いていただきましたし、また、池田さんの大ベストセラー『覚悟の磨き方ーー超訳 吉田松陰』(サンクチュアリ出版)を世に出すためのご縁結びをさせていただいたのは、僕のちょっとした自慢です(笑)。
当社で開催したある講演会に池田さんが参加してくださったんですが、そのときに吉田松陰にご興味を持たれたんですよね。
池田さんが突き抜けているなと思うのは、いったん興味を持ったら徹底的に勉強されることです。当然、吉田松陰に関連する本は全部読んでいるし、萩まで行って現地も見てきている。そういうところが違うと思いますね。

 

池田 僕も井上さんには大変お世話になっています。

 

井上 ところで、池田さんは最初、アンソニー・ロビンズ(注=世界ナンバーワンコーチと言われる)のメソッドを学び、それを伝授するところからスタートされましたが、そこに大和魂をかけ合わせたのも池田さんの一つの特徴ですね。

 

池田 アンソニー・ロビンズのメソッドは、極端に言えば「どうやったら夢は叶うのか?」ということです。ただ、僕が講座を始めた当初は「志」のある方々が参加されていたので問題にならなかったんですが、その後、多くの方にお伝えしていくうちに、「そもそも夢がない」という声を耳にするようになりました。あるいは、「お金持ちになりたい」といった刹那的な目標はあっても、「命をかけてやりたいものがない」というのです。
そう言われて自分を振り返ってみれば、講演家、講師としてちゃんとやっていきたいとは思っていても、全生命を燃やし尽くすほどのものが僕自身にもないと思いました。それならば、僕は日本人だから「日本のリーダーの人たちが勉強していたものを学ぼう」と考えていたところに、井上さんから吉田松陰の話を教えていただいた。最初は坂本龍馬に関心があったんですが、彼はどちらかというと動く人です。その後に吉田松陰の話を聞いたときに、僕は自分が研究者というか、勉強者というか、勉強しているのが特技みたいなところがあるので、吉田松陰に自分を投影しやすかったんですね。

それで和魂洋才ではありませんが、吉田松陰の大和魂にアンソニー・ロビンズのコーチングのメソッドを使うと、現代の人にもお役に立てるものができるのではないかと考えました。何よりも僕自身がちょうど創業するところだったので、「何のために事業を行うのか?」といった部分ですごく勇気をもらった感じだったんです。

 

井上 たしかに、池田さんは「勉強家」というところで吉田松陰とイメージが重なりますね。学んだことを単に伝えるのではなく、自分の中で考え、消化し、もっとわかりやすい形で、しかも情熱をもって伝えていらっしゃるでしょう?
僕は、池田さんがすごいと思っていることがたくさんあるんです。例えば、池田さんは、講座では単に参加者の情動を揺さぶるようなメソッドは使わず、参加者がしっかりとフレームワークや原理原則を理解できるようなアプローチを最初からされていた。

 

振り返って見ると、2000年代の前半、リーマンショックの前に、景気が上がったときがありましたよね。あの頃は起業ブームもあったし、情報商材などもすごく流行りました。「個人を立てていこう」とか「稼ごう」みたいな話で世間が盛り上がっていた。
当時そうした人へ向けたセミナーの中には、ライブ的に盛り上げて、音楽をかけて「みんなでがんばろう! 成功者になろう!」みたいな、その場の数時間だけチアアップするようなものも少なくありませんでした。
僕らだって、そういうやり方はやろうと思えばできるわけですが、では、そこに参加した人たちがその後どうなっているのかというと、あまり変わっている感じがしない。年に1、2回、そうしたセミナーを受けて、バーンと気持ちをあげてもらって、余韻に浸り、冷めてきた頃にまた参加するといったことを繰り返している人も多い。
別にそういうメソッド自体はいいと思うんですが、ちょっとどうなんだろう? とは感じていました。

 

それに対して、池田さんの講座は、参加者に対してその場限りのチアアップをしていくようなことがない。
実際、僕がアンソニー・ロビンズのメソッドを聞いたときにも、「どうしてそうなるのか?」という構造をきちんと伝えるフレームになっていて、「人というのはこういう思考構造があるから、こういった観点はこういうふうに考える。だからこうです」と理路整然とした、腑に落ちる話だった。
それで僕も池田さんにハマったところがあるんです。著書にもそれがすごく現れていると思いますね。

 

 

1

2

プロフィール

  • 池田貴将

    株式会社オープンプラットフォーム 代表取締役 リーダーシップ・行動心理学 研究者

    早稲田大学在学中よりベンチャービジネスの新規事業立ち上げなどに関わり、ビジネスの中での「心理学」の重要性を感じる。 その中で、成果をもたらす心理学の中で、世界的に有名なアンソニー・ロビンズのトレーニングを受けに渡米し、アンソニー・ロビンズの主要トレーニングをすべて修了。 大学卒業後、株式会社オープンプラットフォームを設立。 起業家・経営者・ビジネスリーダー向けのスクールを主宰。ビジネスの成果を上げる「感情と行動をつくる心理学」と、東洋の「人間力を高める学問」を統合した独自のメソッドが注目を浴び、書籍や雑誌などに数多く取り上げられる。 その誠実に学び続ける姿勢と、膨大に蓄積した知識を活かした講座は「専門家」も多く参加するセミナーとして全国で広く知られている。世界で活躍するビジネスリーダーを輩出することをミッションに、全国で活動している。 著書『覚悟の磨き方 超訳 吉田松陰』『動きたくて眠れなくなる。』(サンクチュアリ出版)『未来記憶』『心配するな。』(サンマーク出版)『がんばらないほうが成功できる』(PHP出版)など累計で40万部を突破。

  • 井上和幸

    株式会社 経営者JP 代表取締役社長・CEO

    早稲田大学卒業後、リクルート入社。コンサルティング会社取締役、リクルートエグゼクティブエージェントマネージングディレクター等を歴任。2010年経営者JPを設立し、現職。