TOP 成功する経営者は皆、多読家。「TERRACEの本棚」 経営継承を機に衰退する企業と成長する企業の違い

2018/07/06

1/1ページ

第1回

経営継承を機に衰退する企業と成長する企業の違い

  • TERRACEの本棚
  • 組織
  • 経営
  • KEIEISHA TERRACE編集部 藤田桂子

 

1990年代末、ダイエー、三洋電機、山一證券などが経営破綻に追い込まれ、2000年以降も日本を代表する巨大企業が相次いて過去最大の赤字に陥った。いずれも経営継承がきっかけだった。一方で、トヨタ自動車、ブリヂストン、三菱電機、アサヒグループHDなどは歴代社長期ごとに時価総額を上げてきた。こうした企業を筆者は「歴代成長」企業と呼ぶ。

人材や仕組みに大差ない巨大企業が継承後の盛衰を分けてきたのはなぜか?その構造を解き明かした1冊。日本の大企業57社の過去30年の歴代社長期を調査すると「社長以外の経営陣の入替」の慣習が「継承後の衰退」をもたらしていること …

こちらは会員限定記事です。
会員登録をしていただくと続きをお読みいただけます。

プロフィール

  • 藤田桂子

    KEIEISHA TERRACE編集部

    1988年東京都生まれ。2014年、経営者JPに入社。プラットフォーム事業本部のリーダーとして「KEIEISHA TERRACE」の立ち上げに携わる。「志高き経営者・リーダーたちが、集い、学び、執行する場の提供」を実現するためにオンライン・オフライン共に様々なサービス提供を実現していく。