TOP 異能の経営者【I know.】田中由佳氏 急成長するエステ経営の裏にあった「逆張り思考」。

2018/07/06

1/2ページ

第1回

急成長するエステ経営の裏にあった「逆張り思考」。

  • 異能の経営者【I know.】
  • 経営
  • キャリア・働き方
  • 経営者
  • 株式会社神美 代表取締役社長 田中 由佳氏

 

 

今回から登場いただく田中由佳氏は、「パーフェクトライン」を全国展開する株式会社神美の代表取締役社長。
「パーフェクトライン」はセルライト潰しに特化して急成長するエステだ。いまや群雄割拠のエステ業界にあって、なぜ「パーフェクトライン」は急成長を遂げているのか。そこには、田中社長の独特な能力と思考が隠されていた。
まずは田中社長に急成長している状況と現在の戦略について、話を聞いてみた──。

 

 

 

■ボディメイク市場でポジションを取りにいった。

 

――エステというのは色々な施術があると思いますが、パーフェクトラインは「セルライト潰し」に特化されていますよね。

 

もともとエステとフィットネスの間ぐらいを狙っていました。エステというのはそもそもボディメイクが得意なんです。ボディメイクというのはつまり「スタイルを良くする」ということ。実は、単なる「ダイエット」というのは難しかったりするんですよね。摂取カロリーも関係してきますから。今はライザップさんがボディメイク、ボディメイクって言ってくれてるおかげでボディメイク市場も一般的になってきたように思います。

 

――なるほど、「ボディメイク市場」ですか。

 

ボディメイクと言うと一般的に連想されるのが補正下着とか、少し前だとヨガとかフィットネス、ピラティスなど、こういったものが含まれますが「ちょっと時間がかかるな」と思われがちなんです。でも“セルライト潰し”であれば直接的なアプローチなので、今日その場でボディメイクができる。それがエステの強みなんです。もともとやっていたエステの会社がセルライト潰しを得意としていましたので、だったらこの入口のポジションを事業の柱として強化しようと考えました。「ここに特化すれば勝てるな」と考えたわけです。

 

――色々な施術があるなかでも“セルライト潰し”に絞り込んだというわけですね。お店にもお邪魔しましたが、音楽がガンガンに流れていて驚きました。

 

セルライト潰しに特化しようと考えた時に、先ほど言ったようにエステ感を抑えてフィットネス感を出そうと考えました。エステのライバル店調査にもよく行きますが、オリーブスパでもマッサージでも、ウトウトしてきた時に施術されると「ヴッ!」という声とか出てしまう時があるんですよ。

 

――ああ、ありますよね。

 

そうすると、少し恥ずかしくなるわけです。でも、そういうのがすごく嫌だなと思って。すごく静かでクラシックとか流れていると緊張するし「ちゃんとしなきゃ」みたいな意識になる。リラックスしに行くはずなんですけどね。でも私たちがやっている“セルライト潰し”というのはそもそも直接的なアプローチですから痛いんです。痛いから声も出ます。だから声を出すのを我慢するのではなくて、逆に思いっきり「痛ーい!」って笑いながら叫べたら楽だろうと。大声を出せばストレス発散にもなりますし。だから、大声を出してもいいように音楽をガンガンに流そうと思ったんですよ。

 

――本当にびっくりしました。音楽がガンガン流れている中で「痛ーい!」って声が聞こえてくるので。あの音楽のジャンルとかにも意味はあるんですか?

 

音楽を流そうと考えた時に、「今、クラブでどんな曲がかかっているんだろう」と思って調べたら「EDM」というジャンルが出てきました。EDMの大きなイベントなんかでも、今めちゃくちゃ人を動員しているわけです。それでEDMのCDを爆買いして自分でも大音量で体験してみました。そうしたら、「これは絶対に面白いな」と思って。ものすごくテンションが上がるし、お客様にとっても楽しい“体験”になるだろうと。それに弊社では「笑顔」「元気」「可愛いげ」を売りにしているので、「こんにちはー!」っていう明るい接客をするんですね。それも違和感がなくなるだろうと。ついでにノリも良くなってお客様の購買意欲も高まるかな、なんて思ったり(笑)

1

2

プロフィール

  • 田中 由佳氏

    株式会社神美 代表取締役社長

    2003年よりエステティシャンとして働きはじめるも、入社6ヶ月までまったく売れずリストラ候補の筆頭に。崖っぷちの状況から"子犬接客"を編み出して、1年で売上ナンバー1になる。 マネージャーに昇格し部下の育成や売上に大きく貢献するが、会社や業界の成長速度と自分が合わず独立を決意。 2010年、「“変わりたい女性”に行動を起こさせるナンバー1企業」を目指して株式会社神美を設立し、セルライト潰し専門店「パーフェクトライン」を運営。“セルライト潰し”に特化し、痛さを売りにしたインパクトある広告で人気を集め、全国60店舗を展開。現在も店舗拡大を続けている。