TOP 総集編!経営者・幹部の大切にしている言葉 経営者に聞く!大切にしている言葉:キャスレーホールディングス株式会社/ Casley Deep Innovations 株式会社 代表取締役CEO 砂川 和雅氏

2023/09/28

1/1ページ

総集編!経営者・幹部の大切にしている言葉

第51回

経営者に聞く!大切にしている言葉:キャスレーホールディングス株式会社/ Casley Deep Innovations 株式会社 代表取締役CEO 砂川 和雅氏

  • リーダーシップ
  • マネジメント
  • キャリア
  • 組織
  • 砂川 和雅氏 キャスレーホールディングス株式会社 / Casley Deep Innovations 株式会社 代表取締役CEO
  • 益野 典子 KEIEISHA TERRACE編集部

当メディアにて取材をさせていただいた方々にお聞きしている、「大切にしている言葉」。
あの経営者・幹部は、どんな言葉を大切にしているのでしょうか。
大切にしている理由とともにお届けする本企画。

 

今回は、「イマ、ココ、注目社長!」の特集にて取材させていただいた、キャスレーホールディングス株式会社 代表取締役CEO 砂川さんの言葉をご紹介します!

 

「ITは社会の役に立つ」という信念のもと、2013年に設立した同社は、「CSV(Creating Shared Value=共益価値創造)」を中心理念として成長しています。
インターネット前夜の幼少期からコンピューター言語に親しみ、高校を卒業してから現在に至るまで、いくつものIT事業を興してきた代表の砂川さんが大切にしている言葉は、

.

“1日生きることは1歩進むことでありたい

 

これは湯川秀樹さんの言葉で、ずっと大切にしています。
わたし自身の座右の銘でもあります。

 

生きている限りは、ほんの少しでも前に進みたい。
とにかく一歩進んで、明日が今日よりもっと良い社会になるように、

わずかずつでも貢献したいと考えています。

 

(砂川 和雅)

.

起業家の家に育ち、子どもの頃から「自ら事業を興して社会の役に立ちたい」と意識されていたという砂川さん。高校生の頃、大阪で阪神淡路大震災を経験し、自分の無力さを痛感したことが、のちにNPOや社会起業家のコミュニティに加わる動機につながったとお話されていました。

 

その後、東日本大震災も経験。阪神淡路大震災のときとは違い、IT技術を使って社会貢献を実現し、地元から感謝状もいただいたそうです。
様々な経験を経て、「社会課題の解決と企業価値の向上は両立する」というCSVの考え方に深く共鳴された砂川さんは会社設立にいたりました。
それがキャスレーコンサルティングの出発点だとお話されていた姿が印象的でした。

 

記事の中では、砂川さんの起業に至るまでの経緯や、組織に対する想い、経営者としての価値観や今後の展望についてなど幅広くお話いただきましたので、ぜひ取材記事もご一読ください!

プロフィール

  • 砂川 和雅氏

    砂川 和雅氏

    キャスレーホールディングス株式会社 / Casley Deep Innovations 株式会社 代表取締役CEO

    1977年、大阪府生まれ。青山学院大学卒・同大学院修了(MBA)。ITインフラ企業、ITコンサル企業を経て2006年に起業。さらに、ITコンサル企業の役員として年商10億円規模まで成長させる。開発途上国におけるマイクロファイナンス等のプロボノ活動や震災復興に関わる中で「ITの役割とCSV戦略」に極めて親和性が高いことを実感し、2013年にキャスレーコンサルティング(現:CasleyDeepInnovation)を創立。複数のソーシャルインパクト型IT事業をローンチし、上場会社を相手先として5事業をM&Aによりイグジット。2020年に統括会社となるキャスレーホールディングスを設立。同年、事業子会社であるアルシスデータ株式会社を創業し、現在も取締役も務める。シリアルアントレプレナーとして事業を推進する中、さらなる技術研鑽のため、東京理科大学大学院(MOT)在学中。

    この登場者の記事一覧をみる
  • 益野 典子

    益野 典子

    KEIEISHA TERRACE編集部

    2017年、経営者JPに入社。プラットフォーム事業本部セミナー運営事務局として、「志高き経営者・リーダーたちが、集い、学び、執行する場の提供」を実現するため各企画を運営している。

    この登場者の記事一覧をみる