TOP とことん観察マーケティング 「大大山会チャリティーイベント」集客の秘訣は?

2023/07/06

1/1ページ

とことん観察マーケティング

第89回

「大大山会チャリティーイベント」集客の秘訣は?

  • マーケティング

野林徳行です。「KEIEISHA TERRACE」にてマーケティングコラムの連載をさせていただいております。

 

多くの企業では、『カスタマーを知る』ことが大事と言いながら、足元の数字を優先してしまいがちです。足元はもちろん大事ですが、カスタマーを知ることで既存事業のPDCAは回りやすくなり、新規事業の立ち上がりは早くなります。または修正が小さくなります。

 

89回目のコラムです。このコラムで何度も紹介してきた大山峻護さん。週何回も15人くらいの規模で「おつなぎ会」を開催しています。もちろん開催料を取るとか(飲食の実費のみ)、ビジネスモデルに組み込むといったことはありません。ただただステキだと思った方をおつなぎして、そこからステキ×ステキが生まれればよいなあというだけの発想で20年も続けられています。

 

そんな大山峻護さんの集大成として(何かが終わるわけではありません!)大大山会チャリティーイベントというものが新豊洲Brilliaランニングスタジアムにて開催されました。なんと当日は600人近くの仲間たちが豊洲に集まりました。

 

大大山会チャリティーの寄付先は?

大山峻護さんのゴールは、厳しい環境におかれている子どもたちのサポートです。そのため、このイベントの収益と寄付はすべて、以下の3団体に贈られます。
・家に帰れない子供達の保護をされているNPO法人OHANA
・全国に子供食堂を広げる活動をされている一般社団法人ロングスプーン協会(フードリボンプロジェクト
・紛争地で攫われて子供兵にされてしまった子供達の再教育をされている認定NPO法人テラルネッサンス

 

入場券(お弁当、Tシャツ、寄付込み)は7,000円。これだけで子供たちのサポートになると思うとうれしい気持ちになります。そして、スペシャルゲストと一緒に走る権利が1,000円。
Aグループ ライフセーバー飯沼誠司さん、キックボクサー今野顕彰さん
Bグループ 元読売ジャイアンツ片岡治大さん、キックボクサー町田光さん
Cグループ サッカー岡野雅行さん、超人ミノワマンZさん
距離は40メートル! 1レース希望者6人ずつというコーナーでした。

 

大人が一生懸命走る姿を見ていたロハロハちゃんねるのちーちゃん(0歳の時に小児癌で長期入院していました)が、ステージにてこてこ歩いてきて、「ちーちゃんも走りたい…」という言葉から、子どもたちのかけっこチャレンジが始まりました。車いすの子どもたちも参加して、見ている大人がみんな号泣しながら応援する大感動のかけっこ大会になりました。みんなが一位ですね。

 

小児がん治療中に病室で知り合った姉妹と双子のYouTuber

小児がん治療中に病室で知り合った姉妹と双子のkids youtuber。ネネポン、ナタリー、マリー、チェケマルクン。

&...

こちらは会員限定記事です。
無料会員登録をしていただくと続きをお読みいただけます。

プロフィール

  • 野林 徳行氏

    野林 徳行氏

    有限会社オフィスフレンジー 代表

    1964年生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業。1987年リクルート入社。経営企画、事業戦略、商品企画、プロモーションプランニングなどを担当し、カスタマーを知ることに徹底的にこだわった行動で各事業の業績向上に寄与。ブックオフコーポレーションへの出向を経て、2003年ローソン入社。執行役員としてマーケティング、エンタテイメント、商品開発を担当し、数々のヒット企画を生み出した。2010年ローソンエンターメディア代表取締役社長に就任。2012年レッグス入社。CMOとしてキャラクターを活用した販売促進を強化。2016年FiNC CMO就任。人工知能を活用したヘルスケアアプリのマーケティングを推進。現在は、有限会社オフィスフレンジー代表、高木学園理事兼英理女子学院高等学校マーケティング講師、NewsTV取締役、4DT取締役、ログノート監査役。さらに、BOチャンス、聡研プランニング、ニューネックス、助成金制度推進センター、Merone、All in Motoins、はんのりとと多岐にわたる業種で顧問を務める。著書「とことん観察マーケティング」をベースにした講演・研修を実施中。

    この登場者の記事一覧をみる