TOP 異能の経営者 ~ I know. ~ 【広津崇亮氏】皆とは逆だったとしても、 正しいと思う方向へ進む。(Vol.1)

2019/05/23

3/4ページ

第21回

【広津崇亮氏】皆とは逆だったとしても、 正しいと思う方向へ進む。(Vol.1)

  • 経営
  • キャリア
  • 経営者インタビュー
  • 株式会社HIROTSUバイオサイエンス 代表取締役 CEO 博士(理学) 広津 崇亮氏

 

――1人だけ線虫を(笑)

 

線虫の第一号学生ですよね。線虫って動きますし、多細胞なので、こっちのほうが面白いなと。

 

 

――そこで「線虫面白いらしいぞ」って言われて、素直にそっちに進むというのも少し変わっていますよね。

 

そうですね。今から振り返ってみると確かに、みんなが医学部に行くなかで生物学部に行ってみたり、みんなが研究室のテーマをやる中で、一人だけ違うことやったり。変わっていると思われることが多かったかもしれません。

 

 

――あまり自覚はなさそうですね。

 

ええ、本人は別に変わっているつもりはなくて、正しい道を行っているつもりなのですけれども。

 

 

――多勢にはよらない、という感じなのでしょうか。

 

それはありますね。別に人と交わりたくないとか、大勢が行く方にはあえて行きたくないと思っているわけではないです。単に、自分の中では正しいつもりで進んでいて、それが結果的に大勢とは逆方向になっていただけですね。

 

■誰しもが踏んでいる“線虫”とは何なのか

――ちなみにその興味を持って飼い始めた“線虫”というものですが、そもそもどういった存在なのか教えていただけますか?

 

線虫というのは、線みたいなヒョロヒョロっとした生物の総称“線形動物”というものですね。世界中に1億種類いるといわれています。

 

 

――1億種類も!

 

地球上の全生物の重さを足して割ると、15パーセントが線虫だと言われているんですよ。

 

 

――え、そんなにいるんですか?

 

ええ、土の中でも海の中でもいますし、もちろん人間に寄生するやつもいます。ですから本当は、世界中が線虫だらけです。まあ誰もそんなことは思っていませんが、でも誰しも毎日のように線虫を踏んづけていますよ。

 

 

プロフィール

  • 広津 崇亮氏

    株式会社HIROTSUバイオサイエンス 代表取締役 CEO 博士(理学)

    1995年、東京大学理学部生物学科卒業。1997年、東京大学大学院理学系研究科生物化学専攻 修士課程修了後、サントリー株式会社に入社。商品開発部に配属され充実した社会人生活を送るも、研究をやり残したという想いが心に残り、翌年会社を退職し学問の世界へ戻る。東京大学大学院博士課程在学中の2000年3月、線虫の匂いに対する嗜好性を解析した論文が英科学誌「Nature」に掲載され、その後も線虫に関する研究の実績が各方面より注目を集める。2013年より線虫ががんの匂いを嗅ぎ分けられるかについての研究を開始、そこで得た手ごたえを社会に還元するため2016年に起業。線虫を用いることで簡便・安価・高精度・早期発見を可能にした がんの1次スクリーニング検査を「N-NOSE」 と名付け、現在は協力会社と連携を図りながら間近に迫る国内実用化(2020年1月予定)に向け邁進している。