TOP 異能の経営者【I know.】石見陽氏 「何故この会社をやっている?」という問い。

2019/03/14

1/1ページ

第4回

「何故この会社をやっている?」という問い。

  • 異能の経営者【I know.】
  • 経営
  • キャリア・働き方
  • 経営者
  • メドピア株式会社 代表取締役社長 CEO(医師・医学博士) 石見 陽氏

 

医師・医学博士ながら医師専用コミュニティサイト「MedPeer」を始めとするヘルステック事業を展開するメドピア株式会社の代表でもある、石見陽氏。医師向けのコミュニティサービスで起業をしてからというもの徐々に会員数を増やしていったというが、どのようにして会員を獲得していったのか。そして、大きなターニングポイントになった「ある出来事」があったというが、それは何なのか。詳しく聞いていった──。

 

「世の中にどう貢献するかを目線として持て」

 

――起業をされるにあたって、ご両親には何かお話しされたりしたんですか?

 

ああ、ベンチャーキャピタリストからも言われましたね、それは。

 

 

――どう言われたんですか?

 

出資してもらうために事業計画書を提出しに行ったんですけど、事業計画書は一切見ずに裏返して、「石見さん、まず親に話をしたのか」って。「自分が振り切るタイミングで、親には一度説明に行け」って言われました。「会社を設立するっていうのは、自殺してしまう人もいるような世界だ。いわゆるエクイティファイナンスというのは人様からお金を投資してもらう...

こちらはプラチナメンバー限定記事です。
プラチナメンバー登録をしていただくと続きをお読みいただけます。

プロフィール

  • 石見 陽氏

    メドピア株式会社 代表取締役社長 CEO(医師・医学博士)

    1999年に信州大学医学部を卒業し、東京女子医科大学病院循環器内科学に入局。 循環器内科医として勤務する傍ら、2004年12月にメドピア株式会社(旧、株式会社メディカル・オブリージュ)を設立。 2007年8月に医師専用コミュニティサイト「MedPeer(旧、NextDoctors)」を開設し、現在12万人の医師(国内医師の3人に1人)が参加するプラットフォームへと成長させる。 2014年に東証マザーズに上場。2015年より、ヘルステックにおける世界最大規模のグローバルカンファレンス「Health2.0」を日本に誘致し、「Health 2.0 Asia - Japan」として主催。 現在も週一回の診療を継続する、現役医師兼経営者。 共著「ハグレ医者 臨床だけがキャリアじゃない!」(日経BP社)、その他「世界一受けたい授業」や「羽鳥慎一モーニングショー」など各種メディアに出演し、現場の医師の声を発信。