TOP 仕事に差がつく!ビジネスに効く禅語 明らかに働きすぎだと感じたときに効く禅語

2019/03/26

1/1ページ

第31回

明らかに働きすぎだと感じたときに効く禅語

  • 仕事に差がつく!ビジネスに効く禅語
  • マインドフルネス・禅
  • KEIEISHA TERRACE編集部 益野典子

新規事業の立ち上げどき、人材が目に見えて不足しているとき、どうしても働きすぎてしまう、自分がやらなければ誰もやる人がいない…どなたにも、そんな経験があると思います。
人間は、七回走って一回休むくらいがちょうどいい。この禅語は、日々の忙しさで忘れがちな当たり前のことに気づかせてくれます。たまには立ち止まることも、大事なときに全速力で走るためには必要なのです。

 

引用:島津清彦(2018)『翌日の仕事に差がつく おやすみ前の5分禅』天夢人

 

 

プロフィール

  • 益野典子

    KEIEISHA TERRACE編集部

    1984年生まれ。2017年、経営者JPに入社。プラットフォーム事業本部セミナー運営事務局として、「志高き経営者・リーダーたちが、集い、学び、執行する場の提供」を実現するため各企画を運営している。