TOP 仕事に差がつく!ビジネスに効く禅語 本来の自分を見失いかけたときに効く禅語

2019/03/12

1/1ページ

第30回

本来の自分を見失いかけたときに効く禅語

  • 仕事に差がつく!ビジネスに効く禅語
  • マインドフルネス・禅
  • KEIEISHA TERRACE編集部 益野典子

建前に押しつぶされ、本来の自分をどんどん失ってしまう、組織の中で自分らしく振舞えない…こんなお悩みを持っている方におすすめしたい禅語です。
禅における「主人公」とは、「1人ひとりの中にある、本当の自分」という意味。
日々の仕事に忙殺されて自分のしたいことを見失ってしまう、自分の心を押し殺してしまう。
そんなときは、「自分の中に眠っている本当の自分」に問いかけてみてください。
「本当の自分」を発揮できる「場」を見つけることも、解決策の一つです。
時には組織の中だけではなく外に出て、社外の人と接する機会を持ってもいいかもしれません。

 

引用:島津清彦(2018)『翌日の仕事に差がつく おやすみ前の5分禅』天夢人

 

 

 

KEIEISHA TERRCEでは、経営者・リーダーのための「マインドフルネス・禅」実践塾しまして
禅の教えを人生や経営に活かせる方法をお伝えする講座を毎月1回継続開催しています。現在、後期追加受講者募集中!各回テーマを変えているので、途中からでも気軽にご参加頂けます。
ご興味ございましたら、まずはお問合せくださいませ。

プロフィール

  • 益野典子

    KEIEISHA TERRACE編集部

    1984年生まれ。2017年、経営者JPに入社。プラットフォーム事業本部セミナー運営事務局として、「志高き経営者・リーダーたちが、集い、学び、執行する場の提供」を実現するため各企画を運営している。