TOP スペシャルコラムドラッカー再論 チーム型組織の落とし穴。

2019/03/25

1/1ページ

スペシャルコラムドラッカー再論

第164回

チーム型組織の落とし穴。

  • エグゼクティブ
  • マネジメント
  • 井上 和幸 株式会社 経営者JP 代表取締役社長・CEO

 

チームとは、何か?それは、異なるスキル、知識、背景を持つ人たち、異なる分野に属する人たちが、共通のテーマのために共に働く人の集まりである。ドラッカーは、このように定義している。

 

「チーム型組織にはリーダーがいる。多くの場合、リーダーは交替しない。しかし実際にチームを指揮する者は、仕事の段階や要求によって変わっていってよい。チームには上司も部下もない。シニアとジュニアがいるだけである。(中略)狩猟型にせよ、製品開発にせよ、個々のチームのミッションは個別かつ具体的である。しかし、チームそのものは恒常的でありうる。チームの構成はミッションによって変わる。個々のメンバーは変わり、同時に幾つかのチームに属することもある。しかし、チームそのものはかなり安定的でありうる。」(『マネジメント–-課題、責任、実践』、1973年)

 

チーム型組織の特徴について、ドラッカーは上記のように述べている。タスクフォース、プロジェクト・チーム、自由型組織、スモールグループ、オーケストラ型組織、そして最近流行りのティール型組織。
プロジェクト毎、タスク毎に編成されるチームのフレキシビリティ、臨機応変さに経営者としては目がいかざるを得ない。しかしドラッカーは、こう指摘もする。

 

「チーム型組織の特徴は自由さでも気ままさでもない。(中略)チーム型組織の特徴は、ミッションは不変だが具体的な仕事は変化するところにある。もし永続的なミッションがないというのであれば、臨時のタスクフォースを編成するだけのことである。その場合は、チーム型組織は不要となる。」(『マネジメント–-課題、責任、実践』)

 

チーム型組織には、明確な目標がなければならない。チーム全体およびメンバー一人ひとりについて目標と現実のフィードバックが行われなければならない。

 

「チーム型組織は、多数決で物事を決めるという意味での民主制ではない。権限は重視する。しかしそれは、仕事すなわちなされるべきことに発し、なされるべきことに焦点を合わされたものでなければならない。仕事に責任をもつのは常にチームである。メンバーはそれぞれの能力と知識によって貢献する。しかし、彼らは自らの仕事ではなくチーム全体の成果に責任をもつ。チームが責任の主体である。チームとして仕事をしていくうえでは、メンバーは互いに知り合いである必要はない。しかし、互いの役割と貢献については知らなければならない。親しさ、共感、付き合いは必要ない。しかし、互いの仕事についての知識と、共通の課題への理解は不可欠である。」(『マネジメント–-課題、責任、実践』)

 

ドラッカーが、我々がイメージするところの「プロ型」チームを想定していることが理解できる...

こちらは会員限定記事です。
無料会員登録をしていただくと続きをお読みいただけます。

プロフィール

  • 井上 和幸

    井上 和幸

    株式会社 経営者JP 代表取締役社長・CEO

    1966年群馬県生まれ。早稲田大学卒業後、株式会社リクルート入社。人材コンサルティング会社に転職後、株式会社リクルート・エックス(現・リクルートエグゼクティブエージェント)のマネージングディレクターを経て、2010年に株式会社 経営者JPを設立。企業の経営人材採用支援・転職支援、経営組織コンサルティング、経営人材育成プログラムを提供。著書に『ずるいマネジメント 頑張らなくても、すごい成果がついてくる!』(SBクリエイティブ)、『社長になる人の条件』(日本実業出版社)、『ビジネスモデル×仕事術』(共著、日本実業出版社)、『5年後も会社から求められる人、捨てられる人』(遊タイム出版)、『「社長のヘッドハンター」が教える成功法則』(サンマーク出版)など。

    この登場者の記事一覧をみる