TOP イマ、ココ、注目社長! VACANがつくる「いま空いているか、1秒でわかる優しい世界」。

2019/03/20

1/1ページ

第17回

VACANがつくる「いま空いているか、1秒でわかる優しい世界」。

  • 注目企業
  • 経営者インタビュー
  • 組織
  • 経営
  • 株式会社バカン 代表取締役 河野 剛進氏

 

60秒で簡単無料登録!レギュラーメンバー登録はこちら >

 

 

商業施設で食事をしようとしたらどの店も満員で仕方なくあきらめた。あるいは、お腹が痛くなって近くのトイレを探したが使用中で脂汗をかいた――。そんな経験は誰にもありますよね。

株式会社バカンは、「いま空いているか、1秒でわかる優しい世界」を謳って、あらゆる空席情報を提供している会社です。

 

主なサービスは、①空席情報プラットフォーム(VACAN)、②弁当おとりおきサービス(QUIPPA)。空席情報を把握する仕組みは、各場所にカメラあるいはセンサーを設置し、人工知能による解析や独自の情報処理で空席かどうかを判別する。その上でデジタルサイネージやスマホ・パソコンに情報を送る。

 

同社では2020年までに2000店への導入をめざすと同時に、今後は、集中治療室や駐車場・駐輪場、空港、ホテルでの各種サービスなど、生活のあらゆるところでの普及が期待されています。同社代表取締役の河野剛進さんに話をうかがいました。

「行ってみたけどダメだった」という悲しみをなくすには……。

――『バカン』という社名の由来は何ですか?

 

河野 英語の「vacant」とか「vacancy」から来ていて、「空(あき)」というところにフォーカスをしたものです。人は多いけれど混雑がない社会を目指そう、と。《空いているところ》がわかれば人はそちらに流れて、混雑というものを解消できる。そう考えて始めたのが、「空席情報プラットフォーム(VACAN)」です。

 

例えば、家族連れで商業施設に行くと、夕食の時間帯がどこも混雑して座れないですよね。並んで待たされるので子供もつまらなくなって泣いてしまい、結局食べずに帰らざるを得なくなったりする。その他にも、「空」のニーズはたくさんあります。施設の個室トイレやオフィス街のランチ難民、2次会用の居酒屋さん、電源が利用できるカフェ……。今は電話や直接出向いて確認するしか方法がないという状況もあるので、そういったところで何かできるサービスはないかと考えました。

 

 

――バカンさんのシステムを導入した百貨店のデジタルサイネージ(案内板)を拝見しました。「空」「残席わずか」「待ち時間」がリアルタイムで表示される「空き情報」は、なぜ今までなかったのかと思うほど便利ですよね。ちなみにこのサイネージは、百貨店側がテナントさんの集客支援として設置するかたちになるのですか?

 

河野 はい。今は商業施設・百貨店側の販促策の一環で入れていただいています。2017年の秋に高島屋とジョイナスで実証実験をさせていただき、その結果2018年2月に本格導入ということになりました。ある百貨店での実証実験では、前年同期比5%増という結果も出ています。...

こちらは会員限定記事です。
無料会員登録をしていただくと続きをお読みいただけます。

プロフィール

  • 河野 剛進氏

    株式会社バカン 代表取締役

    東京工業大学大学院修了(MOT)。画像解析や金融工学のバックグラウンドを背景に、株式会社三菱総合研究所で市場リスク管理やアルゴリズミックトレーディング等の金融領域における研究員として勤めた後、グリー株式会社にて事業戦略・経営管理・新規事業立ち上げ、および米国での財務・会計に従事。エルピクセル株式会社において経営企画室長を務め、シンガポールでの合弁会社の立ち上げ等に従事した後に、株式会社バカンを設立。社団法人日本証券アナリスト協会検定会員。