TOP イマ、ココ、注目社長! プログラミング教育で、21世紀の教育変革をめざす

2019/01/16

1/5ページ

第4回

プログラミング教育で、21世紀の教育変革をめざす

  • イマ、ココ、注目社長!
  • 経営
  • リーダーシップ
  • ライフイズテック株式会社 代表取締役CEO 水野雄介氏

 

「プログラミング教育以外にも、日本の子供たち・中高生が身に付けたら、大人になったときにより幸せになれる確率が高いもの、例えばシステム教育やアントレプレナーシップ教育などを教えていきたい。それを各地域に広げて、その次に学校を創り、そもそもの教育の仕組みを変革していく会社を目指しています」

 

こう語るのは、ライフイズテック株式会社 代表取締役CEOの水野雄介さん。
同社は、中学・高校生向けにITキャンプ(国内外)を開催したり、プログラミングスクールを運営している会社です。2010年の創業から、これまで延べ3万7000人の子供たちが同社のITキャンプに参加。これは国内で最大、世界では第2位の規模です。

 

また、地域格差・経済格差によるプログラミング教育格差の是正を目的に、2016年にはオンライン教育もスタート。ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社とライセンス契約し2018年4月からサービスを始めたオンライン型のプログラミング学習教材『テクノロジア魔法学校』も大人気を博しています。

 

2014年に『Google Rise Award』を、2016年には『EdTechXEurope グロース部門最優秀賞』を受賞している同社の次の戦略は、グローバル展開。
プログラミング教育が世界的に必修化される流れの中(日本は2020年から)、教える先生が足りないのは、どの国でも共通の課題です。そのニーズに応える形で海外進出を企図している水野CEOに、お話を伺いました。

――水野さんがプログラミングを中高校生に教えようと思われたのは、どういうきっかけだったのですか?

 

水野 僕はもともと教師をしていたので(注=大学院生時代に開成高校で物理の講師を2年間担当)、中高生が好きなんですが、今の教育には、例えば正解主義だったり、一人ひとりに適合した教育がなかったり、偏差値という一つの指標のみで能力を計ったり、飛び級がなかったり、新卒も一括採用だったり……といった問題点がたくさんあります。

 

それでも20世紀は、上の人たちがつくった仕組みの上で、言われたことをそのままやっていればよかった。しかし、今はそういう時代ではないですよね。とりあえず良い大学に行って、良い企業に行って、文句を言いながら働いて……みたいになってしまってはもったいないと思ったんです。それは教育の責任なので、変えなければいけない。新しい教育をつくらないと、子供たちの人生が本当の可能性を伸ばせずに終わってしまいます。

 

そうした教育を、一人の教師として実践するのも素晴らしいことですが、会社という形で自分が欲しい教育を《サービス》という形で提供していく方が、教育を変えるには早いのではないかーー。そう考えて事業をスタートしました。

 

 

1

2

3

4

5

プロフィール

  • 水野雄介氏

    ライフイズテック株式会社 代表取締役CEO

    1982年、北海道生まれ。慶應義塾大学理工学部物理情報工学科卒、同大学院修了。大学院在学中に、開成高等学校の物理非常勤講師を2年間務める。その後、人材コンサルティング会社を経て、2010年、 ライフイズテック株式会社を設立。14年に、同社がコンピューターサイエンスやICT教育の普及に貢献している組織に与えられる “Google RISE Awards ” に東アジアで初の授賞となるなど世界的な注目を浴びている。「日本のIT界にイチロー並みの人材を送り出す!」を目標に世界を駆け回る日々を送っている。