TOP 仕事に差がつく!ビジネスに効く禅語 知らないことが多すぎて不安になったときに効く禅語

2018/12/04

1/1ページ

第18回

知らないことが多すぎて不安になったときに効く禅語

  • 仕事に差がつく!ビジネスに効く禅語
  • マインドフルネス・禅
  • KEIEISHA TERRACE編集部 益野典子

新しい職場で仕事がスタートしたものの、話している内容にまったくついていけない。分かったふりをしてみたり、同調してみたり。著書である島津氏も30代前半くらいまでは自分の無知を知られないようそのような態度をとっていました。「知ったかぶり」は百害あって一利なし。信用できる人間になるためにも、嘘をついてごまかすことはやめましょう。禅語にも「百不知、百不会」という言葉があります。何も知らないという謙虚な心構えが成長を促進するエネルギーにもなります。「わからないことをわからない」といえる大切さを、元上場企業の経営者であり、禅僧経歴をもつ島津氏自身のエピソードや諺を交えながら紹介されています。

引用:島津清彦(2018)『翌日の仕事に差がつく おやすみ前の5分禅』天夢人

 

 

 

KEIEISHA TERRCEでは、経営者・リーダーのための「マインドフルネス・禅」実践塾しまして
禅の教えを人生や経営に活かせる方法をお伝えする講座を毎月1回継続開催しています。現在、後期追加受講者募集中!各回テーマを変えているので、途中からでも気軽にご参加頂けます。
ご興味ございましたら、まずはお問合せくださいませ。

 

Photo by「京都写真」

プロフィール

  • 益野典子

    KEIEISHA TERRACE編集部

    1984年生まれ。2017年、経営者JPに入社。プラットフォーム事業本部セミナー運営事務局として、「志高き経営者・リーダーたちが、集い、学び、執行する場の提供」を実現するため各企画を運営している。