TOP スペシャルコラムドラッカー再論 フェヨールとスローンを超えて、我々はこれからどのように組織構造を開発していけばよいのか。

2018/11/19

1/1ページ

第148回

フェヨールとスローンを超えて、我々はこれからどのように組織構造を開発していけばよいのか。

  • ドラッカー再論
  • エグゼクティブ
  • マネジメント
  • 株式会社 経営者JP 代表取締役社長・CEO 井上和幸

 

 

従来型の2大組織形態は、フランスの産業家アンリ・フェヨールとGMのアルフレッド・P・スローンによって”発明”された。
1910年頃に当時の製造業の組織構造に対しての「正解」としてフェヨールが職能型組織を、1920年代初めにGMという複雑かつ大規模なメーカーの組織構造に対しての「正解」としてスローンが連邦分権型組織を生み出した。

 

「フェヨールの職能別組織は、中小の企業、特に中小のメーカーにとって最高の組織構造である。スローンの連邦分権組織も、多様な製品を抱える大企業にとって最高の組 …

こちらは会員限定記事です。
会員登録をしていただくと続きをお読みいただけます。

プロフィール

  • 井上和幸

    株式会社 経営者JP 代表取締役社長・CEO

    1989年早稲田大学卒業後、リクルート入社。2000年に人材コンサルティング会社に転職、取締役就任。2004年よりリクルート・エックス(現・リクルートエグゼクティブエージェント)。2010年に経営者JPを設立、代表取締役社長・CEOに就任。 『社長になる人の条件』(日本実業出版社)、『ずるいマネジメント』(SBクリエイティブ)『30代最後の転職を成功させる方法』(かんき出版)など著書多数。