TOP 【新・経営者の条件】徳重徹氏 EV事業の海外展開と「HARD THINGS」(2/5)

2017/06/06

1/1ページ

第2回

EV事業の海外展開と「HARD THINGS」(2/5)

  • 新・経営者の条件
  • キャリア
  • 経営
  • 経営者インタビュー
  • テラモーターズ株式会社、テラドローン株式会社 代表取締役 徳重 徹氏
  • 株式会社 経営者JP 代表取締役社長・CEO 井上 和幸

井上 徳重さんは『世界へ挑め!』(フォレスト出版)という著書も出されていますが、設立当初からグローバル市場で戦うのが前提だったわけですね。

 

徳重 「日本の会社が世界で勝つべきだ」みたいな思いがあって、もちろん経営にロジックは大事なんですが、それ以上に、「海外でできないわけがない」と思っています。僕はソニー創業者の盛田昭夫さんがすごく好きなので、その影響もあるのもしれませんね。

 

井上 現地には何名くらい社員を派遣しているのですか?

 

徳重 インターンをたくさん派遣しているときもありますが、正社員の日本人は2人くらい。インドは3、4人でやっています。
うちの社員には本当にありがたいと思っています。例えば、バングラディシュの場合、1年くらい前に大変なテロがあって日本人が亡くなりました。当時、うちの社員は3人いて、今も2人いるんですが、そういう中で頑張ってくれている。うちに入社して来るのは、名だたるメーカーの社員だった人が多くて、やっぱりみんな日本の大メーカーがどんどんおかしくなっていることに対して、「これではダメだろう」という強い思いがあるんです。「それを俺たちが解決するんだ」という気持ちでやっています。

井上 昔の日本メーカーのような熱さが伝わってきますね。

 

徳重 例えば、ベトナムでは、日本人のインターンが7人くらいで手分けして現地の高校に行き、朝礼でしゃべって、高校生たちとフェイスブックでつながって、バイクのプロモーションをする――といった、いわゆる「どぶ板」のようなプロモーションをやっています。

 

井上 そこまでするのはすごい。

 

徳重 うちの社員は、めちゃくちゃ仕事をするので、ローカルの人もそれを意気に感じてやってくれるところがありますね。

 

井上 創業されて7年。2015年にはトーマツさん主催の「Morning Pitch」で優勝もされています。ご自身ではここまでの過程をどう評価されていますか?

 

徳重 外からは順調そうに見えるかもしれませんが、僕の中では全然順調ではありません。製造業なのですごく時間もかかりますし、5年間2億で沈んできて、2年前に10億になり、今年は30億。今、やっと4、50億のイメージになっています。
また、ここまで来るのに、大変な苦労が続いた2年間もありました。去年から『HARD THINGS』(ベン・ホロウィッツ著、日経BP社)というビジネス書がベストセラーになっていますよね。企業にとって絶望的な状況を何度も乗り越えていった経営者の実話ですが、僕は、これからもっ...

こちらは会員限定記事です。
無料会員登録をしていただくと続きをお読みいただけます。

プロフィール

  • 徳重 徹氏

    テラモーターズ株式会社、テラドローン株式会社 代表取締役

    テラモーターズ株式会社 代表取締役。1970年生まれ山口県出身。九州大学工学部卒業後、住友海上火災保険に入社。Thunderbird MBA取得。その後シリコンバレーでベンチャー投資の支援業務に就き、2010年4月に電動バイクのベンチャー企業、テラモーターズ株式会社を設立。設立2年で国内シェアNO.1を獲得し、リーディングカンパニーとなる。現在ベトナム、フィリピン、インドに現地法人を設立し、グローバル展開を図る。企業ビジョンに「日本再生」を掲げ、世界市場で勝てる日本発のメガベンチャーの創出を志す。経済産業省「新たな成長型企業の創出に向けた意見交換会」メンバー、一般社団法人日本輸入モーターサイクル協会電動バイク部会理事を務める。

  • 井上 和幸

    株式会社 経営者JP 代表取締役社長・CEO

    早稲田大学卒業後、リクルート入社。コンサルティング会社取締役、リクルートエグゼクティブエージェントマネージングディレクター等を歴任。2010年経営者JPを設立し、現職。