TOP スペシャルコラムドラッカー再論 事業機会の見つけ方。

2016/07/11

1/1ページ

第34回

事業機会の見つけ方。

  • ドラッカー再論
  • イノベーション
  • マーケティング
  • 株式会社 経営者JP 代表取締役社長・CEO 井上和幸

2010年代に入って、我々経営人材コンサルティング領域でクライアント各位から受けているご相談の一番の特徴・傾向は、「新たな事業に進出するために、リーダー人材の調達・育成をどうすればよいか」についてだろう。
リーマンショックのほとぼりが冷めた頃から、にわかに、業種業態を問わず、新規事業関連・事業開発関連での責任者が欲しい、自社内に適任がいない、というトップからのご相談が相次ぐようになり、それはいまも衰えることなく続いている。
 
「機会は見つけるものという。機会はやってくるものとはいわない。幸運、チャンス、災難が事業に影響を与える。だが、運では事業はつくれない。事業の機会を体系的に発見し、それを開拓する企業だけが、繁栄し成長する」(『創造する経営者』1964年)
 
現行の事業におけるチャレンジや体制整備からは、新たな事業機会の発見はありえないとドラッカーは言う。どうすれが我々は、新たな事業機会を発見できるのだろうか?
 
ドラッカーは、次の3つの問いによって、それは明らかになる、と言う。
 
第一に、事業を脆弱なものにし、成果を阻害し、業績を抑えている弱みは何か。
第二に、事業内においてアンバランスになっているものは何か。
第三に、事業に対する脅威として恐れられているものは何か。いかにすればそれを機会として利用できるか。
 
そう、機会は「いまある弱みや歪み」の中から発見されるのだ。これは案外、盲点ではないだろうか?
我々は「機会の創出」というと、とかく「ビジネスチャンス」という視点で「新たなニーズ」というものを血眼になって探しがちだが、そうではなくで、いま直面しているマイナスの部分を直視してみよと、ドラッカーは指南してくれている。
 
「危険や弱みが事業機会の存在を教える。それらを問題から機会に転化するとき、異常なほどの成果が得られる。時にはそのような転化は、マネジメントの姿勢だけでもたらされる」(『創造する経営者』)
 
“社会や生活の課題解決”に気付き、それを大義として取り組む経営者が、大きな社会変革をもたらす。
我々を取り巻く「不」「負」の部分について目を向けてみよう。
 
あなたの直面している「危険や弱み」は、何だろう?それに対する、あなたの「マネジメントの姿勢だけで」、今すぐにでも、異常なほどの事業機会が得られるかもしれない。

プロフィール

  • 井上和幸

    株式会社 経営者JP 代表取締役社長・CEO

    1989年早稲田大学卒業後、リクルート入社。2000年に人材コンサルティング会社に転職、取締役就任。2004年よりリクルート・エックス(現・リクルートエグゼクティブエージェント)。2010年に経営者JPを設立、代表取締役社長・CEOに就任。 『社長になる人の条件』(日本実業出版社)、『ずるいマネジメント』(SBクリエイティブ)『30代最後の転職を成功させる方法』(かんき出版)など著書多数。