TOP スペシャルコラムドラッカー再論 イノベーションを発揮する組織創り。

2016/04/11

1/1ページ

第21回

イノベーションを発揮する組織創り。

  • ドラッカー再論
  • イノベーション
  • マネジメント
  • 株式会社 経営者JP 代表取締役社長・CEO 井上和幸

前号を受けて、さて、では。どのようにすれば、イノベーションを発揮する組織を創ることができるのだろうか?
 
「企業家精神のためには、組織の中の一人ひとりが新しいものを求める存在となる必要がある」(『イノベーションと企業家精神』1985年)
 
自社をそのような組織とするために、トップマネジメントはいかにしてイノベーションに対する障害を克服するかに関心を持つが、ドラッカーはこの問題意識の持ち方は間違いだと言う。
 
「正しい問題は、いかにしてイノベーションを当たり前のこととし、それを望み、その実現のために働くようになるかである。イノベーションを異質なものとして推進していたのでは何も起こらない。日常業務とまではいかなくとも日常的な仕事の一つとする必要がある」(『イノベーションと企業家精神』)
 
そのためにドラッカーが挙げるのが、既存事業。・業務において、すでに活力を失ったもの、陳腐化したもの、生産的でなくなったものの廃棄の制度化だ。
 
「廃棄とは、あらゆる種類の組織が自らの健康を維持するために行っていることである。いかなる有機体といえども、老廃物を排泄しないものはない。そもなければ自家中毒を起こす」(『イノベーションと企業家精神』)
 
既存のものの廃棄は、企業がイノベーションを常態化することができるようになる上で、必要不可欠なことなのだ。
 
その上で、ドラッカーは、最高の人材をイノベーションに充てることと、会議を「問題に集中する会議」と「機会に集中する会議」の二つに分けることを提案する。
 
「イノベーションには人減のエネルギーが必要である。有能な人間という最も希少な資源による厳しい働きが必要である」(『イノベーションと企業家精神』)
 
次回、さらに詳細を紹介してみたい。
 
(続く)

プロフィール

  • 井上和幸

    株式会社 経営者JP 代表取締役社長・CEO

    1989年早稲田大学卒業後、リクルート入社。2000年に人材コンサルティング会社に転職、取締役就任。2004年よりリクルート・エックス(現・リクルートエグゼクティブエージェント)。2010年に経営者JPを設立、代表取締役社長・CEOに就任。 『社長になる人の条件』(日本実業出版社)、『ずるいマネジメント』(SBクリエイティブ)『30代最後の転職を成功させる方法』(かんき出版)など著書多数。