TOP これからのリーダーシップ、プロ経営者論 ただ言われたことをやって一生終わるか?それとも、会社を使い倒して結果的に評価されるか?(2/5)

2017/08/22

1/1ページ

第2回

ただ言われたことをやって一生終わるか?それとも、会社を使い倒して結果的に評価されるか?(2/5)

  • これからのリーダーシップ、プロ経営者論
  • リーダーシップ
  • 合同会社THS経営組織研究所 代表社員/慶応義塾大学大学院理工学研究科 特任教授/立命館大学大学院テクノロジー・マネジメント研究科 客員教授 小杉俊哉
  • 株式会社 経営者JP 代表取締役社長・CEO 井上和幸

井上 1990年代になって変革者タイプの「リーダーシップ2.0」が登場した。しかし、変革や結果に対する過剰な圧力などによって、組織はギスギスし、メンタルも増えた。そこで、また昔のようなコミュニティのあり方が注目されているわけですが、Googleの研究などもすごく面白いですよね。彼らがあれほどのテクノロジーを持った会社で徹底的に大量の人員とお金を投下して、どういうやり方が一番生産性が高いかを解き明かしてみたら、意外と日本企業が昔やっていたようなことが一番良い、みたいな結論になっている。

 

小杉 アメリカの先進的な企業や学者が分析をして、「やっぱりそうだよね」...

こちらは会員限定記事です。
会員登録をしていただくと続きをお読みいただけます。

プロフィール

  • 小杉俊哉

    合同会社THS経営組織研究所 代表社員/慶応義塾大学大学院理工学研究科 特任教授/立命館大学大学院テクノロジー・マネジメント研究科 客員教授

    早稲田大学卒業、NECを経てマサチューセッツ工科大学に私費留学、経営大学院修了。帰国後、マッキンゼー、ユニデンおよびアップルの人事責任者を歴任し、独立。 慶応義塾大学大学院政策・メディア研究科准教授などを経て、現職。他にエスペック株式会社、ふくおかフィナンシャルグループ・福岡銀行など数社の社外取締役を務める。 専門は、人事・組織、キャリア・リーダーシップ開発。組織が活性化し、個人が元気によりよく生きるために、組織と個人の両面から支援している。

  • 井上和幸

    株式会社 経営者JP 代表取締役社長・CEO

    早稲田大学卒業後、リクルート入社。コンサルティング会社取締役、リクルートエグゼクティブエージェントマネージングディレクター等を歴任。2010年経営者JPを設立し、現職。