TOP イマ、ココ、注目社長! 企業年金「はぐくみ基金」で、介護士や保育士の不安を払拭する。【前編】

2022/11/14

1/1ページ

イマ、ココ、注目社長!

第288回

企業年金「はぐくみ基金」で、介護士や保育士の不安を払拭する。【前編】

  • 経営者インタビュー
  • 経営
  • 組織
  • 注目企業

 

60秒で簡単無料登録!レギュラーメンバー登録はこちら >

 

 

介護や保育などの福祉分野で働く人たちの環境は、けっして恵まれたものとはいえません。お金の不安もつきまといます。そんな状況に待ったをかけたのが、株式会社ベター・プレイスが提供する企業年金「福祉はぐくみ企業年金基金」(以下、「はぐくみ基金」)。2018年に発足した新しい年金制度で、税制優遇の仕組みを利用しながら積立を行い、退職時のほか、休職、育児介護休業時などにも受け取りができます。現在、福祉施設や中小企業などを中心に導入企業が増加中です。

 

同社代表取締役社長の森本新士氏は、外資系生命保険会社に勤務したのち独立したものの、思うようにいかずに挫折。その後、エッセンシャルワーカーが有利に資産形成できる仕組みを提供しようと株式会社ベター・プレイスを創業しました。「道徳なき経済は罪悪であり、経済なき道徳は寝言である」という二宮尊徳の言葉を胸に、「志」と「持続性」を重視する森本氏に、「はぐくみ基金」の意義や今後の展開についてお話を伺いました。

(聞き手/井上和幸

 

興味のあった保険業界に新卒で飛び込む

――森本さんはアリコジャパンに新卒で入社されています。

 

森本 わたしの叔父が保険代理店をやっていて、保険という仕事に興味を持つようになりました。面白くてやりがいがあって、いろいろな業界の人と関われる仕事なのが魅力でした。就職して最初の3年間は修業期間だと思っていたので、世の中をよく知るという意味でも保険業界を選びました。

 

――修業ということは、そのころから起業を考えていたのでしょうか?

 

森本 起業は全然考えていませんでした。もともとサラリーマンや社会人に興味がなかったんです(笑)。とはいえ、いろいろ経験しないと世の中のことはわからないので、はじめは社会に出てサラリーマンになりました。
本当は、できれば職人みたいな仕事をしたかったんですよね。アーティストとか作家とか。でも、何をやればいいかわからなかったし、学生時代はバイトに明け暮れていたし、まずは社会人を一通りやってみようと思いました。

 

――実際にアリコジャパンに入社されていかがでしたか?

 

森本 めちゃくちゃに楽しかった!外資とはいえ、当時は昭和の名残もあって理不尽なところもありましたが、逆に合理的なところもあって。何よりみんなでコミュニケーションをとりながら、目標を設定して、それをクリアしていくのが楽しかったんです。

 

関西勤務時にヘッドハンティングされる

――アリコジャパンに3年半勤務したのち、今度はスカンディア生命に移られました。それはどういう経緯で?

 

...

こちらは会員限定記事です。
無料会員登録をしていただくと続きをお読みいただけます。

プロフィール

  • 森本 新士氏

    森本 新士氏

    株式会社ベター・プレイス 代表取締役社長

    1972 年生まれ、福岡県出身。大学卒業後、 1997 年 アリコジャパン日本支店(現メットラ イフ生命保険株式会社)に入社、代理店開拓と育成、マ ーケティングに従事。 2002 年 スカンディア生命保険株式会社(現東京海上日動あんしん生命保険株式会社)へ転 職、前職と同じく代理店 開拓と育成、マーケティングに従事。 長期投資の可能性を学 び、グローバル株式への積立を通じた資産形成を、まとまった資産を持たない個人でも行 えるようにとの思いを強める。 2007 年 かいたく投信株式会社を創業。 経営者としての経験不足とリーマンショックが相ま ってお金が集まらず自ら設立した会社を追われる。 痛恨の想いを糧に 2011 年に創業した ベター・プレイスは会社設立来、二桁増収を続ける。その後、 2018 年に「はぐくみ基金」 を設立。 同基金は設立 4 年で加入者数 3 万人・資産残高 100 億円を突破。

    この登場者の記事一覧をみる