TOP 強い会社に変わる「組織」のあり方と戦略を明らかにする! あの3つの大企業が苦境を乗り越えられた理由。 (Vol.2)

2020/06/30

1/2ページ

第2回

あの3つの大企業が苦境を乗り越えられた理由。 (Vol.2)

  • 強い会社に変わる「組織」のあり方と戦略を明らかにする!
  • 経営者
  • スペシャル対談
  • 株式会社モチベーションジャパン代表取締役社長 松岡保昌氏
  • 株式会社 経営者JP 代表取締役社長・CEO 井上和幸

 

プロフェッショナルな専門家の記事が読める!60秒で簡単・メンバー登録はこちら

 

 

井上 松岡さんが在籍されてきた、リクルート、ファーストリテイリング、ソフトバンクの3社が、かつて苦境を乗り越えることができたのは、2つの理由がある――という話でした。その2つとは何でしょうか。

 

松岡 1つは「社外規範への共鳴」です。例えば、リクルート事件のときには、社員たちは、やっているビジネス自体において、これが世の中の価値になっていないとは全く思っていなかった逆に言うと、どんなことがあってもリクルートという社名を隠してでも自分たちがやっているこのビジネスだけは残さなければならない。これは絶対に価値がある思っていました。 

 

それはファーストリテイリングにおいても同じです。「服の業界を変えなければいけない安くて良いものを提供するんだという、会社がやろうとしていることへの共感性ですよね。それはソフトバンクもしかり。「情報革命で人々を幸せに」という強い思いです。 

このように、社外規範——自分たちが事業として何をやって、世の中をどう変えようとしているのかということ――に対する共感性は、とても重要だったと思います。それが苦境を乗り越えられた要因の1つ目です。 

 

つ目は、先ほど言った主体性」や「当事者意識」を社員たちが強く持っていたことです会社がやっていることに共感しているからこそ主体性当事者意識が生まれ、みんなで現場を支えることができたと思います。 

 

井上 ふり返れば、私もリクルートでは新人時代からそうでした。そこが強さの1つであり、我々が「あの会社に入って本当に良かった」と思える理由の1つだと思います。

しかし、冷静に考えてみると、リクルート事件当時、私なんてまだ内定中の大学生ですよ(笑)。それにもかかわらず、「うちは事業を否定されたわけではない」と、偉そうに周りの人や親などに語っていましたからね。何もまだしていない人間がそんな思いを持っているというのは、逆に言うと、すごいことですよね。

 

松岡 それはやはり、採用するまでにそういうことを理解させたうえで採用している強さがあっのだと思います。 

本インタビューはzoomにて行いました。 通常の写真と異なりますことご了承ください。

井上 私も「自分が共感できるか?」という価値観でやってきているので、この経営者JP自体もそうですが、それまで自分が選択するときには――、社価値と社価値の両方だと思いますが、——特に価値がないものについては、たとえブランドネームがあるとか給料が良いいったことがあっても自分に刺さらないし、何より続けられる気がしないんですね。青臭いといえば青臭いのですが…… 

 

松岡 いや、こは、青臭いぐらいに大事にしなければいけないところだと思います私も、当時リクルート情報の非対称性——商品などを売る側の方が買う側に比べて圧倒的に情報が多いという問題――を、まだ「紙の時代」に解消しようとしていたことはとても重要だと思っていました。だから編集になったときは嬉しかったし、そういう本もつくった。「世の中をこういう風に変えたい!」という強い思いは、やり人を動かしますよね。 

 

井上 その後松岡さんが行かれたファーストリテイリングにしてソフトバンクにしてういう特長がある会社ですね。 

 

松岡 若い人の中には、ファーストリテイリング――『ユニクロ』に逆風の時代があったことを知らない人も多いようです。1999年に1000だった売上が翌年に倍の2000億になり、その翌年にはさらに倍の4000億になるという異例の急成長を遂げた後に大バッシングが起こったわけです「中国に生産を全部移した。日本の労働なくしているのはユニクロだ」とか、「服をダメにしているみたいなことを言われました。全くそんなことはないのにね。 

そんな波の中をもう立ち上が高い企業力が問われところですし、それを支えたのは、社外規範とそれを信じ働く前線の人たちの当事者意識です。この構造が極めて重要であるのは今も変わりません。 

 

 

1

2

プロフィール

  • 松岡保昌氏

    株式会社モチベーションジャパン代表取締役社長

    人間心理にもとづ く経営戦略、組織戦略の専門家。1986年同志社大学 経済学部卒業後、リクルートに入社。『就職ジャーナル』『works』の編集や組織人事コンサルタントとして活躍。2000年にファーストリテイリングにて、執行役員人事総務部長として当時の急成長を人事戦略面から支える。その後、執行役員マーケティング&コミュニケーション部長として逆風下での広報・宣伝の在り方を見直し新たな企業ブランドづくりに取り組む。2004年にソフトバンクに移り、ブランド戦略室長としてCIを実施。福岡ソフトバンクホークスマーケティング代表取締役、福岡ソフトバンクホークス取締役として球団の立ち上げを行う。また、AFPBB News編集長として、インターネットでの新しいニュースコミュニティサイトを立ち上げる。現在は、株式会社モチベーションジャパンを設立し、代表取締役社長として、企業の成長を経営戦略、組織戦略、マーケティング戦略から支える。国家資格1級キャリアコンサルティング技能士、キャリアカウンセリング協会認定スーパーバイザーとして、個人のキャ リア支援や企業内キャリアコンサルティングの普及にも力を入れている。

  • 井上和幸

    株式会社 経営者JP 代表取締役社長・CEO

    早稲田大学卒業後、リクルート入社。コンサルティング会社取締役、リクルートエグゼクティブエージェントマネージングディレクター等を歴任。2010年経営者JPを設立し、現職。

 他の記事を読む

強い会社に変わる「組織」のあり方と戦略を明らかにする!