TOP リクルート流・目標達成するためのマネジメント 目標は「自分のため」に、ポジティブなゲームにすると上手くいく。(4/4)

2019/09/17

1/1ページ

リクルート流・目標達成するためのマネジメント

第4回

目標は「自分のため」に、ポジティブなゲームにすると上手くいく。(4/4)

  • マネジメント
  • 経営者インタビュー
  • スペシャル対談

 

プロフェッショナルな専門家の記事が読める!60秒で簡単・メンバー登録はこちら >

 

 

「経営者を語る」――今回は、『計算ずくで目標達成する本』(すばる舎)の著者であり、年200回、リピート率95%を誇る研修トレーナーの伊庭正康さん(株式会社らしさラボ代表取締役)をゲストにお迎えします。

 

元リクルート社員で社内表彰40回以上という実績を持つ伊庭さん。
「どうしたら目標を外さず達成できるのか?逆境でも、不測の事態があっても達成できる人はどこが違うのか?自ら達成に向かって工夫できる部下はどう育てればいいのか?」――
こうした課題について、同じくリクルートOBである経営者JP代表・井上和幸と語り合っていただきました。全4回でお届けします。

 

 

井上 ここまでの流れの中で、「徹底の基準」と「やり方を楽しむ」というお話がありました。私もいろいろな会社を見てきて、そこの部分の差がとても大きいと思っています。誰しも凸凹はあると思いますが、全体的に見て、例えば、達成力が非常に高いとか、一時的に凹んでもリカバリーしてくる人というのは、そもそも「当たり前の基準」が高い。目標を達成したときに、「達成するのが当たり前」と思っているか、「よくできた!」と思っているかは大きく違うし、また、仕事を楽しみながら達成するための「創意工夫癖」も、それがあるのとないのとでは差が大きい気がします。

 

伊庭 裁量を任されているのは大きいと思います。リクルートでは、ある程度のやり方はありますが、それをやったから全てOKというわけではなく、逆算がベースにあるけれども、自分なりの工夫をもっとしてもいいよと奨励されます。だから、みんな自由にやっている。

 

また、外すと査定は悪くなるものの、でも悪くなったところでダメージのある査定ではないでしょう? 例えば「95%で終わりました」となっても、ベースの給料が高いわけです。クビになることもない。普通に考えれば、「そこそこがんばればいい」と思うはずなのですが、それでもみんなががんばるのは、あの会社ならではのマジックがあると思っています。つまり、健全な競争心もあおるし、自己実現欲求もあおります。

 

例えば、面談で「この目標を達成するのは君にとってどんな意味があるのか?」と。これは「WILL・ CAN・ MUST」とよく言われますが、それを答えられないと、答えられるまで考えさせられる。

 

井上 そうですね。

伊庭 「君は何のためにこの目標をやっているの?」

 

「表彰のMVPを獲るためです」

 

「それ...

こちらはプラチナメンバー限定記事です。
プラチナメンバー登録(年間11,000円or月間1,100円)を
していただくと続きをお読みいただけます。

※登録後30日間無料体験実施中!

プロフィール

  • 伊庭 正康氏

    伊庭 正康氏

    株式会社らしさラボ 代表取締役

    1991年リクルートグループ入社。 営業としては致命的となる人見知りを4万件を超える訪問活動を通じ克服。プレイヤー部門とマネージャー部門の両部門で、年間全国トップ表彰4回を受賞、累計表彰回数は40 回以上。 その後、営業部長、フロムエーキャリアの代表取締役を歴任。 2011年らしさラボを設立。 リーディングカンパニーを中心に、年間250回のリーダー研修、営業研修、コーチング、講演を行っている。リピート率は9割を超える。 著書は、『計算ずくで目標達成する本(すばる舎)』『できるリーダーは、「これ」しかやらない メンバーが自ら動き出す「任せ方」のコツ(PHP研究所)』『強いチームをつくる!リーダーの心得(明日香出版社)』『残業ゼロだからこそ目標達成!!本気でやるチーム時短術(明日香出版社)』など多数。 その活動は、日本経済新聞、日経ビジネス、など多数のメディアでも紹介される。

    この登場者の記事一覧をみる
  • 井上 和幸

    井上 和幸

    株式会社 経営者JP 代表取締役社長・CEO

    1966年群馬県生まれ。早稲田大学卒業後、株式会社リクルート入社。人材コンサルティング会社に転職後、株式会社リクルート・エックス(現・リクルートエグゼクティブエージェント)のマネージングディレクターを経て、2010年に株式会社 経営者JPを設立。企業の経営人材採用支援・転職支援、経営組織コンサルティング、経営人材育成プログラムを提供。著書に『ずるいマネジメント 頑張らなくても、すごい成果がついてくる!』(SBクリエイティブ)、『社長になる人の条件』(日本実業出版社)、『ビジネスモデル×仕事術』(共著、日本実業出版社)、『5年後も会社から求められる人、捨てられる人』(遊タイム出版)、『「社長のヘッドハンター」が教える成功法則』(サンマーク出版)など。

    この登場者の記事一覧をみる