TOP 仕事に差がつく!ビジネスに効く禅語 社内が保守的で、変革にためらうときに効く禅語

2019/07/09

1/1ページ

第46回

社内が保守的で、変革にためらうときに効く禅語

  • 仕事に差がつく!ビジネスに効く禅語
  • マインドフルネス・禅
  • KEIEISHA TERRACE編集部 相馬愛

世の中にあるすべての企業の始まりは、皆ベンチャーから。
時代の変化に対応し、どんどん新しいことにチャレンジしながら生き残ってきた企業も、だんだん大きく成長し、社員数も多くなると、次第に保守的になっていきますよね。保守的な社員が増え、組織が硬直化すると、チャレンジする風土は失われていきます。
そんなときに効くのが、この「新しきが花、珍しきが花」。
もともとは能の世阿弥が、能役者として人気を獲得し続けるための教えです。
もしあなたの会社が保守的で、「新しいことをやるのはちょっと…」という雰囲気でも、密かに新しいチャレンジを続け、自分の刃を研ぐことを忘れないことが肝要です。

 

 

引用:島津清彦(2018)『翌日の仕事に差がつく おやすみ前の5分禅』天夢人

 

 

KEIEISHA TERRACEでは、本著者の島津清彦氏を講師にお迎えし、四半期に一度心を調え、経営のペースメイクいただく場として『マインドフルネス・禅』実践塾 第二期を開催いたします。(初回は6月8日(土)開催、その他詳細はこちらからご覧ください)

ご興味をお持ちの方は、お気軽にお問合せくださいませ。

 

 

プロフィール

  • 相馬愛

    KEIEISHA TERRACE編集部

    筑波大学人文・文化学群比較文化学類卒業。学生時代は有志での地域イベント立ち上げ・運営に関わる。文化人類学を専攻し、事象ではなく人にフォーカスを置いた地域振興や地域活性化に関心を持つ。「人に関わる仕事がしたい」という想いから、2018年に経営者JPに入社。