TOP なぜ、優れたビジョンを持つ企業は成長し続けるのか 国と日本企業は「次のビジョン」を打ちだせるか?(3/4)

2019/07/02

1/1ページ

第3回

国と日本企業は「次のビジョン」を打ちだせるか?(3/4)

  • なぜ、優れたビジョンを持つ企業は成長し続けるのか
  • 経営者
  • スペシャル対談
  • 株式会社ディープビジョン研究所 代表取締役 ブランド戦略コンサルタント 江上 隆夫氏
  • 株式会社 経営者JP 代表取締役社長・CEO 井上和幸

 

井上 江上さんの『THE VISION あの企業が世界で急成長を遂げる理由』(朝日新聞出版)の中に、20世紀最高のビジョンが紹介されています。マーティン・ルーサー・キング牧師の演説の一節ですが、「私には夢がある。それは、いつの日か、ジョージア州の赤土の丘で、かつての奴隷の息子たちとかつての奴隷所有者の息子たちが、兄弟として同じテーブルにつくという夢である」という言葉です。私もこれは素晴らしいと思います。

 

グローバルで見たときには素晴らしいビジョンを掲げる企業が多くあります。本では、AmazonやPatagonia、Google、Appleなどに...

こちらはプラチナメンバー限定記事です。
プラチナメンバー登録をしていただくと続きをお読みいただけます。

プロフィール

  • 江上 隆夫氏

    株式会社ディープビジョン研究所 代表取締役 ブランド戦略コンサルタント

    「本質からブランドを組み立てる」というアプローチで、全国の中小企業から大企業までのブランドづくりを支援するブランド戦略コンサルタント。 大学卒業後、コピーライターとして数社を経験した後、広告代理店アサツー・ディ・ケイ(旧旭通信社)入社。 コピーライター、クリエイティブ・ディレクターとして18年近く、大手企業の広告制作からブランド構築など幅広い分野の仕事に携わる。 これまで担当した企業は、JT、FUJIゼロクッス、富士フイルム、NTTコムウェア、バンダイ、ロート製薬、アサヒ飲料、富士通、サントリー、ロクシタン、カルピス健康通販、再春館製薬所、ヤマキなど。 東京コピーライターズクラブ新人賞、朝日広告賞、日経広告賞グランプリ、日経金融広告賞最高賞、IBAファイナリストなどを受賞し、クリエイターとして高い評価を得て、独立。 数多くの広告キャンペーンづくりのほか、大手、中小を問わずブランド構築、事業商品開発、市場戦略づくりなどを手掛けるほか、ブランディングやビジネスに必要な考え方やスキルを伝えていくセミナーや塾も展開中。 日本とアジアに、次の時代を担う先進的なブランドを1,000以上つくることを目標に日々活動している。 企業内研修や一般および専門家向けの講演・セミナーも多数行い、ブランドづくりの啓蒙にも努めている。 著書に、『THE VISION あの企業が世界で成長を遂げる理由』(朝日新聞出版)、ロングセラー『無印良品の「あれ」は決して安くないのになぜ飛ぶように売れるのか』ほか『降りてくる思考法』(共にSBクリエイティブ)がある。

  • 井上和幸

    株式会社 経営者JP 代表取締役社長・CEO

    早稲田大学卒業後、リクルート入社。コンサルティング会社取締役、リクルートエグゼクティブエージェントマネージングディレクター等を歴任。2010年経営者JPを設立し、現職。