TOP 成功する経営者は皆、多読家。「TERRACEの本棚」 メタ視点を獲得し、モヤモヤや苛立ちを解消する一助に

2019/04/24

1/1ページ

第36回

メタ視点を獲得し、モヤモヤや苛立ちを解消する一助に

  • TERRACEの本棚
  • 組織
  • 経営
  • 書籍編集者、dZERO(ディーゼロ)代表取締役 松戸さち子氏

 

成功する経営者は皆、多読家。
成功している経営者が注目している、読んでいる書籍をご紹介してまいります。
今回は、『自己矛盾劇場 ―「知ってる・見えてる・正しいつもり」を考察する』。
編集を手掛けられたdZEROの松戸さち子氏に、本書の見どころを伺いました。

 

 

著者の細谷功さんは、「地頭力」という言葉を世に広め、思考系ビジネス書の著者としてヒット作を世に送り出してきました。しかし実は無類の読書家で、哲学書や数学書のマニアでもあります。

 

その「引き出し」をネタに、「ビジネス書の棚」からはみ出していただくことを目的に企画したのが、「知の構造」シリーズです。『自己矛盾劇場』は、シリーズ第三弾となります(第一弾『具体と抽象』、第二弾『「無理」の構造』)。

 

本シリーズは、即効の実用性、ハウツーを目指すものではなく、一度ものにすれば、ビジネスにおいても人生の岐路においても力になり得る「メタ認知」の扉...

こちらは会員限定記事です。
会員登録をしていただくと続きをお読みいただけます。

プロフィール

  • 松戸さち子氏

    書籍編集者、dZERO(ディーゼロ)代表取締役

    文芸誌編集、男性・ビジネス誌記者を経て書籍編集者に。 講談社、大和書房、亜紀書房などで単行本、全集、新書、文庫の編集経験を積んだのち、2013年、出版社dZEROを立ち上げる。 担当した作品に、『立川談志遺言大全集』『談志 最後の落語論』『立川談志自伝 狂気ありて』『江戸の風』(以上、立川談志著)、『宅間守 精神鑑定書』(岡江晃著)、『いま、すぐはじめる地頭力』『会社の老化は止められない』『具体と抽象』『「無理」の構造』(以上、細谷功著)などがある。