TOP 仕事に差がつく!ビジネスに効く禅語 トップや上司の方針が理解できないときに効く禅語

2019/04/30

1/1ページ

第36回

トップや上司の方針が理解できないときに効く禅語

  • 仕事に差がつく!ビジネスに効く禅語
  • マインドフルネス・禅
  • KEIEISHA TERRACE編集部 益野典子

トップや上司から降りてくる方針に、違和感を感じる…。
そんな時に効く禅語が、この「遠観山里色」です。
違和感の原因の一つとして、見ている景色や視点が異なる、ということが挙げられます。
毎日の業務や毎月の業績に追われる現場よりも、トップはもう少し中長期的に考えているもの。
「とりあえず目の前のことを頑張らねば」と思ってしまいがちなところを、今の自分の立場よりも数段上の視点で物事を見る習慣をつけると、結果的に最短距離で結果につなげることが出来るものです。

 

 

引用:島津清彦(2018)『翌日の仕事に差がつく おやすみ前の5分禅』天夢人

 

 

KEIEISHA TERRACEでは、本著者の島津清彦氏を講師にお迎えし、四半期に一度心を調え、経営のペースメイクいただく場として『マインドフルネス・禅』実践塾 第二期を開催いたします。(初回は6月8日(土)開催、その他詳細はこちらからご覧ください)

ご興味をお持ちの方は、お気軽にお問合せくださいませ。

 

 

プロフィール

  • 益野典子

    KEIEISHA TERRACE編集部

    1984年生まれ。2017年、経営者JPに入社。プラットフォーム事業本部セミナー運営事務局として、「志高き経営者・リーダーたちが、集い、学び、執行する場の提供」を実現するため各企画を運営している。