TOP 2030年に向かえ! リーダーのためのキャリアメイク戦略 リーダーのリスク「“小企業病”の5タイプ」

2019/01/17

1/2ページ

2030年に向かえ! リーダーのためのキャリアメイク戦略

第3回

リーダーのリスク「“小企業病”の5タイプ」

  • 転職
  • キャリア
  • 井上 和幸 株式会社 経営者JP 代表取締役社長・CEO

【この記事でわかること】
◎あなたが「小企業病」に陥っているかどうか
◎「ティール組織」など流行りのコンセプトに安易に飛びつくことの危険性


 

今回は、リーダーが陥りやすいリスク――大企業病ならぬ、「小企業病」を取り上げたいと思います。

 

これは、私が経営者JPを創った頃に、ある雑誌の依頼を受けて「マネジメントの方々自らが組織に害を及ぼしているケース」について考察し、類型化したものです。学術統計的にきちんとしたものではないのですが、私たちなりの情報でまとめてみると、こうした5つのタイプに分かれました。
皆さんの会社にもこういう人はいませんか?

  • 目先没頭型
    このタイプの人は、短期志向でその場しのぎ、個への依存が特徴です。

 

  • 振り回し型
    私も創業経営者ですが、創業者や起業家にこのタイプが多いと言われます。実態を無視して、思いつきで「あれやれ、これやれ」と指示を出す。説得力がないまま押しつけるのが特徴です。

 

  • 振り回され型
    ここではマネジメント以上の方を想定していますが、明確な方針がなく、優柔不断で、放任主義の人。こういう人も皆さんの身近にいらっしゃると思います。
    トップとして方向付けをすべきなんですが、幹部が「こっちへ行きましょう」と言うと、「そうだな」と。しかし、別の幹部が「あっちへ行きましょう」と言うと、「そうだなあ」とブレてしまうタイプです。

 

  • 他者不信型
    このタイプは、過剰な管理、口出しの多さ、権限抱え込みが特徴です。マイクロマネジメントのイメージです。どうしても自分で決めなければ心配で抱え込んでしまいます。

 

  • リスク回避型
    「リスク回避」としましたが、簡単に言うと、「なあなあ」のマネジメントです。いいときはいいんですが、問題があっても放置してしまうのです。ダイナミックに対処しなければいけないときにしない。「いいんじゃない? このままで」という対応をするタイプです。

 

 

1

2

こちらはプラチナメンバー限定記事です。
プラチナメンバー登録(年間11,000円or月間1,100円)を
していただくと続きをお読みいただけます。

※登録後30日間無料体験実施中!

プロフィール

  • 井上 和幸

    井上 和幸

    株式会社 経営者JP 代表取締役社長・CEO

    1966年群馬県生まれ。早稲田大学卒業後、株式会社リクルート入社。人材コンサルティング会社に転職後、株式会社リクルート・エックス(現・リクルートエグゼクティブエージェント)のマネージングディレクターを経て、2010年に株式会社 経営者JPを設立。企業の経営人材採用支援・転職支援、経営組織コンサルティング、経営人材育成プログラムを提供。著書に『ずるいマネジメント 頑張らなくても、すごい成果がついてくる!』(SBクリエイティブ)、『社長になる人の条件』(日本実業出版社)、『ビジネスモデル×仕事術』(共著、日本実業出版社)、『5年後も会社から求められる人、捨てられる人』(遊タイム出版)、『「社長のヘッドハンター」が教える成功法則』(サンマーク出版)など。

    この登場者の記事一覧をみる