TOP 異能の経営者【I know.】米田純氏 楽天が優勝してもなお、次のチャレンジを開始。

2018/11/08

1/1ページ

第4回

楽天が優勝してもなお、次のチャレンジを開始。

  • 異能の経営者【I know.】
  • 経営
  • キャリア・働き方
  • Food's Style株式会社 代表取締役社長 米田 純氏

 

日本食レストランの海外出店をサポートするFood’s Styleの代表取締役社長・米田純氏は楽天で球団を立ち上げ、9年目に優勝を果たした。そこまでの偉業を達成させながらも、今度は50歳を前に「ラーメン店」で起業をし、世界に挑戦していこうと考える。
なぜそのように考え、行動に移していくようになったのか。また、壁にぶつかることはなかったのだろうか。話を聞いた──。

 

 

■50歳を前に起業をし、海外へと挑戦していく理由。

――楽天球団が優勝をした後に起業をされるわけですが、まず、なぜ起業をしようと考えたのでしょうか。

 

話は少し遡りますが、2012年に星野仙一さんが監督になりまして、星野さんが就任したシーズン開幕前に震災があったんですよね。

 

――3.11ですね。

 

ええ、やっぱり震災というのは自分の中で凄く大きな影響があって、知っている方も亡くなられましたし。僕は震災の時はオープン戦の時期なので明石に居て仙台にいなかったんですが、すぐに帰ってあの惨状を目の当たりにしまして。それで、野球 …

こちらはプラチナメンバー限定記事です。
プラチナメンバー登録をしていただくと続きをお読みいただけます。

プロフィール

  • 米田 純氏

    Food's Style株式会社 代表取締役社長

    1953年、神奈川県生まれ。野球漬けの子ども時代を送り、早稲田大学では体育会準硬式野球部に所属。卒業後、西武百貨店に入社し、池袋店・紳士服売り場を経て、営業政策や店舗運営、販促など本部でマーケティングに従事。2003年楽天に入社後、百貨店での業務経験を生かし、楽天市場ユーザーマーケティング部門にて勤務。その後、同社のプロ野球参入に伴い、東北楽天ゴールデンイーグルスの立ち上げを牽引し、初代球団代表に就任。2013年にプレンティUSAを設立、代表取締役社長CEO。2016年にFood's Style株式会社を設立、代表取締役社長就任。