TOP 成功する経営者は皆、多読家。「TERRACEの本棚」 廃業寸前の酒蔵を率いて「獺祭」を生んだ3代目社長の挑戦

2018/09/10

1/1ページ

第8回

廃業寸前の酒蔵を率いて「獺祭」を生んだ3代目社長の挑戦

  • TERRACEの本棚
  • 組織
  • 経営
  • 株式会社 経営者JP ビジネスディレクター 鳴海 幸仁

 

今夏の西日本大豪雨にあって「獺祭 島耕作」を手掛け、復興のシンボルとなった旭酒造。

 

『逆境経営』は、いかなる苦境にあっても、本質を追い求め、やりきることの重要性を感じる事ができる一冊だ。

 

1984年、父親の急逝で現会長となった桜井寛志氏が受け継いだ旭酒造は、山口県岩国市のなかで4番目の弱小メーカー。多額の借金を抱え、売上げの急減にも歯止めがかからず、社員からは「売れない理由」ばかりが語られる危機的な状況だった。

 

状況を打開しようにも、杜 …

こちらは会員限定記事です。
会員登録をしていただくと続きをお読みいただけます。

プロフィール

  • 鳴海 幸仁

    株式会社 経営者JP ビジネスディレクター

    1982年茨城県生まれ。慶応義塾大学総合政策学部卒業後、株式会社レインズインターナショナルに入社。学生時代は飲食業界未経験ながらも、入社4ヶ月で異例のスピードで店長に抜擢される。東京八重洲のビジネス街店舗で店長を勤め、20歳以上年の離れた常連さま達に可愛がられながら、生きた現場の経営・ビジネスを学ぶ。その後、給与計算のアウトソーサー企業に転職し、金融・メーカーからアミューズメントなど多様な企業の文化に触れながらシステム導入担当として従事。2009年、女性向けのマンション販売促進を行う広告会社に転身。不動産業界の慣例に捕われない新しい試みと泥臭い営業を掛け合わせ、営業成績トップを走り続け、入社3年で同社営業部門トップに就任。関西圏への営業拡大、大手企業10社以上を集めるイベントを成功させるなど、事業拡大に寄与した。一つの業界のスペシャリストではなく、多くのヒト・企業にコミットできる場を求め転職を決意。 2014年10月、経営者 JP入社。様々な業界での実務経験から得たコミュニケーション能力とバランス感覚を基に、経営層・リーダー層と企業の出逢いを演出し、日本を活性化させる。